日付で絞り込む

都道府県で絞り込む

4/28 @ 兵庫県

丹波焼と三田焼の粋を集めて-森基コレクションの名品-

3/4 - 5/28

本展では、森氏のコレクションから丹波焼77点と三田焼82点を選りすぐり、参考作品も合わせた計164点を紹介します。なお、本展は当館のみでの開催となります。

兵庫県 篠山市兵庫陶芸美術館

テレビアニメ化記念 アトム ザ・ビギニング展

3/2 - 6/26

作中には天馬博士とお茶の水博士以外にも、手塚キャラクターや手塚作品へのオマージュが描かれています。手塚治虫の作品から広がった、新たな解釈の作品世界をお楽しみください。

新宮 晋の宇宙船

3/18 - 5/7

本展は、新作のモビール(動く彫刻)を中心に絵本の原画、屋外彫刻やプロジェクトの映像なども交え、新宮の世界を総合的に紹介します。

平成29年度 春季展 「名 品 選 (二)」

2/11 - 5/7

今春は、前期には平安後期に生まれたやまと絵の優美な感覚が投影され、貴重な仏画の遺例でもある重文「阿弥陀曼荼羅図」をはじめ、江戸時代、近代と続くやまと絵の美意識を継承した作品の数々を、後期はわが国の...

兵庫県 西宮市頴川美術館

本館 作品は深く語る〜中国・日本美術の地平〜

3/7 - 6/4

さあ皆さん、白鶴美術館が蔵する中国・日本を中心とする優れた美術作品をひたすら見つめる行為を継続する中で、時空を超えた地平で生まれた美術の世界に一歩でも肉薄しようではありませんか。

兵庫県 神戸市白鶴美術館

新館 絨毯を形づくるもの・絨毯に表されるもの

3/7 - 6/4

今回の展示では、絨毯及びキリムなどに描かれる様ざまな画と、それを構成する糸の素材・技法との関係に注目してみます。

兵庫県 神戸市白鶴美術館

没後40年 熊谷守一 お前百までわしゃいつまでも

3/11 - 5/7

本展では、熊谷守一の油彩画やその作画の工程、書や水墨画、初公開の屏風や書簡を含む約70点から、画家・熊谷守一の生涯と表現を振り返ります。

兵庫県 神戸市香雪美術館1

春ひらく―芦屋のたからもの ~今に伝わる神社、寺院の宝物~

4/1 - 5/21

芦屋に伝わる「たからもの」を通して、いにしえのロマンに想いをはせ、芦屋の伝統に触れていただくことで、このまちの魅力を改めて感じ、「たからもの」を、後世に守り伝えていく機会となれば幸いです。

兵庫県 芦屋市芦屋市立美術博物館

西宮の狩野派 勝部如春斎  18世紀摂津の画人列伝

4/1 - 5/7

これまで”山本”如春斎として知られてきた郷土の画人の、主要な作品50点余りを一堂に会し、その画業を美術館で初めて紹介いたします。

夢二ロマン神戸憧憬と欧米への旅

4/15 - 6/25

本展では、夢二の愛らしい舞妓姿の美人画、屏風絵、オリジナルの港屋版画をはじめ、特別出品の「滞欧米の素描作品」等約200点を出展いたします。

アートの扉Ⅱ「入江明日香―あめつちの詞」展

4/9 - 6/18

第2回となる本展では、2016年春に好評を博した「丸沼芸術の森コレクション」展出品作家の一人、入江明日香の独創的な版画の仕事に注目し、「入江明日香―あめつちの詞(ことば)」展を開催します。

安野光雅展 -旅と空想の画家-

3/25 - 5/21

このたびは、画家のその多彩かつ多岐にわたる創作活動のなかから、絵本の世界と旅のスケッチに注目し、その個性的な水彩画で表現された氏の業績の一端をのぞいてみることのできる作品を展示し、安野光雅の世界に...

遥かなるルネサンス 天正遣欧少年使節がたどったイタリア

4/22 - 7/17

本展では、天正遣欧少年使節が訪れたイタリア各地の都市の芸術を紹介し、彼らの足跡をたどります。ブロンズィーノやティントレットの絵画作品を始め、タピスリー、陶器、ガラスなどの工芸品や書簡資料など、約70...

ヨーロッパの色々な「街並み」を描いて

4/13 - 6/26

18ヵ国を歩き出会った数々の情景。街にちりばめられた優しさや柔らかな光、心温まる風景をわかち合おう。

ユトリロ回顧展

4/8 - 7/2

出展総数80余点を展観する本展は、まさにユトリロの画業と人生を辿る大回顧展といえるでしょう。

コレクション1 イメージの庭

4/8 - 5/28

春のコレクション展では、近年の新収蔵品を中心に、まさにイメージが立ち現れる瞬間を強く想起させる作品群をご紹介します。脳裏に揺らめくイメージの饗宴をご堪能ください。