日付で絞り込む

2018/10
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2018/11
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
2018/12
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2019/1
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

都道府県で絞り込む

7/27 @ 兵庫県

白髪一雄記念室 第11回展示「白髪一雄と尼崎 I -木市呉服店の資料とともに-」

4/28 - 9/17

この度の展示では、白髪の創作の拠点であった「木市呉服店」に関係する資料とともに、尼崎との関係が深い作品を展示します。

県政150周年記念事業 「ひょうごのやきもの150年―技・匠からアート・個性へ―」

6/9 - 9/9

高い技術力をうかがわせる明治期の輸出陶磁、兵庫県の文化賞や芸術奨励賞受賞作家、伝統工芸士の作品等を通して、産業・美術双方の土壌から生み出された兵庫の陶芸の魅力に迫ります。

兵庫県 篠山市兵庫陶芸美術館

シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン展

6/16 - 7/29

本展ではこれまでの作品を振り返り、200冊を超えるペーパーバック、約40点のデザイン原画やスケッチ、ミッフィーやボリスなどの絵本原画約30点にポスターの複製などを加えた約500点を展示し、ブルーナの「シンプ...

プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光

6/13 - 10/14

本展は同館が誇る巨匠ディエゴ・ベラスケスの本邦初公開お作品を含む7点を軸とし、ティツッアーノやルーベンスなど王室コレクションの数々の傑作で構成します。

チャペック兄弟と子どもの世界

7/1 - 9/9

本展は、チェコの世界文化遺産都市クトナー・ホラーに新設された現代美術館で開催された「子どもたちを描いたチャペック兄弟の創作」展を基に、ご遺族やチェコ国立文学館、チャペック記念館などの協力によって開...

生誕170年・没後100年記念 鈴木松年 今蕭白と呼ばれた男

7/10 - 9/30

松年はその豪快な画風と豪放な性格から「曾我蕭白の再来」と評され、今蕭白と呼ばれました。 このように、明治期に京都画壇の中心として活躍した鈴木派ですが、現在では忘れられた存在になっていると言わざるを得...

兵庫県 神戸市香雪美術館1

第74回企画展 「MACROSS:THE ART 1982-2018」

6/29 - 10/29

今回の企画展では、『超時空要塞マクロス』35周年および『マクロスF』10周年を記念して、作品に欠かせないビジュアルアートを中心に、各シリーズの貴重な初展示資料など、歴代のマクロスシリーズの作品世界に十二...

魔法の美術館― 光と遊ぶ超体感型ミュージアム

7/14 - 9/2

最新のデジタル技術を駆使し、光と影、映像、音を自在に操る気鋭のアーティストたちによる美術展。人間の動きに反応して多様に変化する双方向性の作品をそろえることで、来場者自身が作品とかかわり、アートの世...

「絵画とイラストって、どう違うのだろう」展

7/12 - 9/24

イラストレーター時代の作品と画家として描いた作品、原画でそれぞれの違いをお楽しみ頂けましたら幸いです。

夏休み特別企画「浜口陽三と南桂子展―ふしぎな世界への小さな窓―」

7/14 - 9/2

本展は、国際的に評価の高い銅版画家である浜口陽三(1909-2000年)と南桂子(1911-2004年)の画業と作品の魅力を紹介する二人展です。

海洋堂フィギュア展

7/14 - 9/2

今展示会では芸術作品ともいえる海洋堂フィギュア約3,000体を一堂に集め展示いたします。

岩合光昭の世界ネコ歩き 展

7/14 - 9/9

本展では、岩合の数々の作品のなかでも、現在NHK-BSプレミアムで放映中の「世界ネコ歩き」をテーマに、岩合の作品とともに現代人を惹きつけてやまないネコの生態の魅力に迫ります。

特別展「マイケル・ホフマン × 仁科惠椒 二人展 ~墨絵と書のコラボレーション~       邂逅  -Sonorous Voices-」

7/7 - 9/24

直原玉青先生の弟子・マイケル・ホフマン先生(画家)と奈良県在住の書家・仁科惠椒先生による合作展です。 国や文化の違いを超えた2人が奏でる筆墨の響きをぜひお楽しみください。

兵庫県 南あわじ市玉青館