日付で絞り込む

2018/8
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2018/9
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
2018/10
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2018/11
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

都道府県で絞り込む

6/9 @ 長野県

草間彌生展

3/3 - 7/22

今から約60年前、草間は何を感じ、苦しみ、悩み、そして、どのような希望を胸に、故郷を離れたのでしょうか。最新作「わが永遠の魂」シリーズを軸に、世界を代表する天才芸術家・草間彌生が生まれた理由を、生誕...

シンデレラ&プリンセス絵本展

3/1 - 10/8

本展では、グリム童話やアンデルセン童話に登場するさまざまなプリンセスを絵本原画や絵本資料とともに紹介します。

At World’s End -新作「地の果て」に至るモチーフの系譜-

3/1 - 12/24

多様なモチーフの変遷を通して、千住博の今日に至る作品表現の本質を探っていきます。

開館20周年 原田泰治が描く 美しい日本の童謡・唱歌展

3/1 - 7/29

本展では、ふるさとの温かさを描き続ける原田泰治氏の作品100点を、童謡・唱歌の歌詞と一緒に展示します。 全国各地の風景画とともに、歌のイメージをふくらませてデザイン的に構成した「切り抜き重ね絵」という...

根岸芳郎展 色彩浴の森へ

4/1 - 6/24

本展では「色彩浴の森へ」と題し、根岸芳郎の未公開作品を含めた近作約25点を展示し、根岸が挑み続ける固有の世界をご紹介します。

超絶技巧 摺物の世界

4/1 - 6/10

本展では館蔵の北斎とその一門による摺物を中心に一挙公開いたします。超絶技巧による江戸職人の技と北斎らの絵師の工夫をお楽しみ下さい。

長野県 小布施町北斎館

イルフ童画館開館20周年記念 武井武雄クロニクル展

3/30 - 6/11

1998年4月18日に開館したイルフ童画館は今年20周年を迎えます。記念して武井武雄作品を年代順に追って鑑賞いただける「武井武雄クロニクル展」が始まります。 本展では図録も作成いたします。

線で観る女性と花①〜③

3/9 - 2/15

芽吹きの待ち遠しい春は花を、夏はもう1つの小企画展示(バレエ)と重ねバレリーナ達を、秋冬にはデッサンを増やした展示とする予定です。線をご覧になりたい方はぜひ順番にお出かけください。

花のジャポニスム  - ガレ、ドーム、ラリックに咲く日本の花 -

4/4 - 3/31

今年開館35周年を祝う北澤美術館では、ガレとその良きライバルのドーム兄弟、彼らの後輩ルネ・ラリックのガラス工芸品のなかから、日本の花をテーマとする作品を選び、ジャポニスムの知られざる一面をご紹介いた...

ーこどもによりそうまなざしー 林明子の世界展

4/7 - 6/24

世代をこえて愛される、林明子のぬくもりある絵。こどもの世界をやさしいまなざしで見つめ、こまやかな表情や動き、肌の質感など、まるで写し取ったかのように描き出します。

レイヤー・オブ・ネイチャー その線を超えて

4/21 - 9/2

色、光、空間、時間、様々な生命体、目には見えないものも含めて、「自然」と呼ぶならば、本展の3作家の作品は、その自然のように私たちの身体を包み込みます。

麗しき日本のやきもの 伊万里・古九谷・鍋島・京焼

4/13 - 7/8

本展では、サンリツ服部美術館が所蔵する伊万里、古九谷、鍋島、京焼などを一堂に展示し、日本が生み出した色絵の魅力をご紹介いたします。

長野県 諏訪市サンリツ服部美術館

ピクトリアルキルトの世界- 深山公子×深山雅庸 二人展 -

4/7 - 6/17

二人が紡ぐ絵画とはひとあじ違った「美しい原風景」「安曇野」をご覧ください。

長野県 池田町池田町立美術館

いわさきちひろ生誕100年「Life展」 ひろしま 石内都

5/12 - 7/16

ふたりの女性芸術家がとらえた「ひろしま」を起点とした作品が共鳴する。

復刊記念 片山 健『やまのかいしゃ』 絵本原画展

5/18 - 7/9

みなさんも、ちょっと立ち止まって、ほげたさんといっしょにすごしてみませんか?2018年5月、福音館書店より待望の復刊です。(臨時休館:6/25-29)

収蔵品展 創造美術から創画会へ―革新の70年をたどる―

5/12 - 7/1

今年で結成から70周年を迎える創画会は、今もなお日本画の新たな表現を追究し続けています。今回の収蔵品展では、結成メンバーから現代の若手作家まで、創造美術・新制作協会日本画部・創画会に関わった個性豊か...

「平成琳派 石踊達哉の華麗なる世界」展

5/2 - 7/1

本展では北野美術館が所蔵する石踊作品12点を「花鳥風月」「和洋融合」「反復の力」「静寂に聴く」の4点の切り口から展観いたします。

次代への表現展ベストセレクション

5/11 - 7/17

木彫の前原冬樹、ペン画の池田学、油彩やインスタレーションを中心に多彩な制作活動を行う曽谷朝絵、油彩画の安西大をピックアップし、ご紹介します。

水野コレクション「絵をよむ・物語をみる -日本画家たちの描く物語-」

6/5 - 7/29

本展では「物語」をテーマに、近代から現代までの日本画をご紹介。描かれた物語の内容や、登場する人物・モチーフの秘密に迫ります。

長野県 長野市水野美術館1

高橋靖夫-地にあるものたち-

5/26 - 7/22

同時開催として諏訪市美術館収蔵作品より、父・高橋貞一郎、姉・宮原麗子の作品も展示します。

長野県 諏訪市諏訪市美術館

「鳥を放つ ~脇田和の世界」展

6/7 - 11/18

本展では、脇田和が旧軽井沢に制作の居を移した1970年代から晩年までの作品を中心に、油彩、版画、ドローイングなど、約80点を展示し紹介していきます。

長野県 軽井沢町脇田美術館