日付で絞り込む

都道府県で絞り込む

7/27 @ 静岡県

岩田久利とその ファミリー展

- 8/30

岩田久利と藤七の作品は海外でも高い評価を得ている数少ないガラス作家です。また岩田久利と藤七の作品の一部はニューヨークメトロポリタン美術館に永久所蔵されております。ぜひ、当美術館で岩田久利の作品をご...

森—いのちのかたち いせひでこ/鈴木まもる/杉山明博

4/22 - 10/31

本展では、木の、そして木々と共に生きる「いのち」をみつめ、その「かたち」を表現する、3人の作家の作品をご覧いただきます。それらの作品は、我々自身がどう生きるかについても問いかけてくることでしょう。

開館15周年記念展「生命の樹」

4/22 - 11/30

本展覧会では、現代においても繰り返し描かれている樹をテーマとした絵画を一堂にご覧いただきます。15名の作家たちが表現した樹木との対話を通して浮かび上がってくる現代人の姿、「いのち」のかたちをご体感く...

没後150年 坂本龍馬

7/1 - 8/27

本展では、龍馬の手紙や近年発見された資料から龍馬の実像に迫るとともに、同時代の美術工芸品などを通じて見ることで、龍馬が生きた幕末という時代を紹介します。

静岡県 静岡市静岡市美術館

浜松ゆかりの作家たちⅡ

6/17 - 8/6

本展覧会では、日本画、版画、洋画、工芸、と多岐にわたるジャンルの作品を、当館所蔵のものに加え、作家及び収蔵家の方からお借りした作品と併せてご覧いただけます。

広重生誕220周年記念広重・豊国・国芳 -雙筆五十三次と東海道五十三對-

6/13 - 8/20

江戸時代後期、浮世絵界で最大の規模を誇った歌川派の三人の人気絵師による東海道作品をお楽しみください。

豪華客船の時代 -船の科学館コレクションより-

6/17 - 7/30

今回の展示会では、かつての外航客船時代の資料とともに清水港に来航するクルーズ客船の関連資料を紹介します。

静岡県 静岡市フェルケール博物館

開館30周年記念特別展 【前期】筆の世界

4/27 - 8/20

平成29年11月3日に開館30周年を迎えます。 当館では、収蔵品の中から、代表作品を展示致します。

ミロコマチコ いきものたちの音がきこえる

7/8 - 9/3

本展では、最新作を含む絵本の原画をはじめ、絵画・立体作品など、ミロコマチコのすべてを見ることができます。今もっとも注目の作家、ミロコマチコのライブ感あふれる展覧会に、ぜひお越しください!

M

MOA美術館所蔵品 特別展示 黄金の茶室と現代日本美術の粋

7/15 - 8/27

秀吉の命によりつくられた黄金の茶室は、その名のとおり室内から茶道具に至るまで金が用いられ、秀吉はここで正親町天皇に茶を献じたといわれています。絢爛豪華な「黄金の茶室」(復元)と桃山・江戸の茶の湯に...

小さなフィギュアの世界

7/8 - 10/1

海洋堂の「おまけフィギュア」にスポットをあて、代表的なものから最新作まで1,000作品以上を紹介します。

静岡県 磐田市磐田市香りの博物館

工藝を我らに 二〇一七資生堂が提案する美しい生活のための展覧会

7/4 - 9/24

今回の「工藝を我らに 二〇一七」では、5名のメンバーの新作を中心に、過去2回の同展出品作やアートハウスの収蔵品による新たな組み合わせを試みます。

黒は色彩―マティス、ルオー、ブラックによる美しき彩り―

7/22 - 10/9

本展ではそうした画家たちの黒に注目し、その絵画の魅力をご紹介します。マティスやブラック、ルオーらが織り成す美しい黒の世界をお楽しみいただければ幸いです。

夏休みコレクション展 北斎「冨嶽三十六景」

7/21 - 8/29

本展では、夏休みにあわせ子どもから大人まで親しまれている「冨嶽三十六景」全46図を一挙に公開します。世界に誇る北斎の傑作をご家族でご鑑賞ください。

静岡県 熱海市MOA美術館

「素顔の海」伊藤勝敏・海中写真展

6/29 - 10/10

彼らと私たちが共に生きるための知恵と答えは、海中に潜んでいる。本写真展では、耳をすませて海中で暮らす小さな生き物たちの声をお聞きください。