日付で絞り込む

2018/10
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2018/11
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
2018/12
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2019/1
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

都道府県で絞り込む

1/28 @ 静岡県

開館15周年記念展「生命の樹」

4/22 - 3/4

本展覧会では、現代においても繰り返し描かれている樹をテーマとした絵画を一堂にご覧いただきます。15名の作家たちが表現した樹木との対話を通して浮かび上がってくる現代人の姿、「いのち」のかたちをご体感く...

リニューアル記念上原コレクション名品選 ―印象派の絵画から平安の仏像、写経まで―

11/3 - 4/8

今回の展覧会では、新たに収蔵した≪観世音菩薩立像(興福寺千体仏)≫(平安時代)や≪大日如来坐像≫(鎌倉時代)、≪中阿含経≫(奈良時代)をはじめ、上原コレクションの名品をご紹介します。

静岡県 下田市上原美術館

ターナーからモネへ

11/23 - 1/28

英仏の美術が海峡を越えて行き来していた様子を、知られざる名画の数々で是非ご覧ください。

江戸⇔東京百景 同時開催:ジュゼッペ・デ・フランチェスコ「東京百」

11/28 - 2/4

本展では、『名所江戸百景』を中心に広重が「江戸」の風景を描いた作品を展示します。同時開催として小展示室ではイタリアの写真家、ジュゼッペ・デ・フランチェスコの「東京百」を展示します。

アートのなぞなぞー高橋コレクション展 共振するか反発するか?

12/23 - 2/28

この展覧会では、高橋龍太郎氏の目を通して選ばれてきた、1990年代以降の日本の現代アートのエッセンスを、3つのキーワードの謎にそってご紹介します。

ME DE CHANGER 移りゆくわたし ―書家 大杉弘子―

12/16 - 2/18

文字の源流をたどり、文字が有する意味と造形美を理解し、新たな文字の表現をしていく

静岡県 静岡市フェルケール博物館

上杉家の名刀と三十五腰

1/7 - 2/18

名門貴族藤原氏から興った上杉家の、約800年に渡る歩みを物語る歴史資料や美術品が脇を固めます。今までほとんど人の目に触れることのなかった名刀の数々を、この機会にぜひご覧ください。

静岡県 三島市佐野美術館

資生堂アートハウス名品展開館40周年記念 後期 洋画・現代美術・陶芸・金工・ガラス

1/16 - 4/1

資生堂が1947年から現在まで断続的に開催している「椿会美術展」と、1975年から1995年にかけて開催した「現代工藝展」の出品作を中心に、洋画、陶芸、ガラス工芸、金工、現代美術を併せた約80点を...

名品と出会うー企業コレクションによる日本近代洋画展ー

12/29 - 2/25

本展は、公益社団法人糠業協会が所蔵する珠玉のコレクションを通して、独自の表現を切り開いた日本近代の洋画家たち42人の61作品をご紹介するものです。

創画会70周年記念展

1/20 - 3/25

創造美術発足から70年を迎える今年、創画会70周年を記念して、創立会員をはじめ物故会員から現会員に至るまで91名の作品を展示し、創画会によって牽引されてきた在野精神に基づく新しい日本絵画の創造の歩みを回...

パヒューム展 ~磐田市香りの博物館20年の歩み~

1/27 - 3/18

西洋の香りの器から日本の香道具類まで、開館20周年を迎えた磐田市香りの博物館がこれまでに蒐集した香りに関する美術工芸品約80点と、20年に渡り開催してきた企画展のポスターを展示紹介致します。

静岡県 磐田市磐田市香りの博物館

所蔵 名品展 尾形光琳 国宝「紅白梅図屏風」

1/26 - 3/13

本展では、「紅白梅図屏風」をはじめ京焼の大成者・野々村仁清作「色絵藤花文茶壺」、三大手鑑の一つとして著名な手鑑「翰墨城」の3件の国宝の同時公開に加え、コレクションの各ジャンルを代表する名品を展観しま...

所蔵名品展 版画の魅力 PARTⅡ 国内編

1/11 - 2/27

本展では、銅版画で国際的に活躍した浜口陽三、版画のほか陶芸や映画などマルチに活躍した池田満寿夫、伊豆高原に住みながら明るい色彩で森の精霊の存在を感じさせる作品を描く谷川晃一、女子美創立100周年記念版...