日付で絞り込む

都道府県で絞り込む

8/24 @ 東京都

17世紀の古伊万里―逸品再発見Ⅰ―展

5/27 - 9/2

今回取り上げる17世紀は古伊万里にとって、誕生と技術革新によって、多様な作品が生み出された時代です。「かたち」や「素地の白」など15のテーマのもとに並んだ個性豊かな約70点を、じっくり観察しながら皆様の...

東京都 渋谷区戸栗美術館

新企画展示のお知らせ 「食べるを描く。」

5/27 - 5/15

今回の企画展示では、食べものが本物よりも美味しそうに見え、幸せな気分にさせてくれる食事のシーンはどのように描かれているのかについて紹介していきます。

世界の絞り

6/9 - 9/4

本展では、江戸後期から昭和時代までの絹と木綿の着物、アジアやアフリカの民族衣装、古代インカの裂など、約25か国、130点あまりの多彩な絞りの美とその技法を紹介します。

東京都 渋谷区文化学園服飾博物館

メルセデス・ベンツアート・スコープ2015-2017

5/27 - 8/27

漂白する想像力。泉太郎|メンヤ・ステヴェンソン|佐藤時啓

東京藝術大学創立130周年記念特別展藝「大」コレクション パンドラの箱が開いた!

7/11 - 9/10

本展では、多様なテーマを設けて、すでに知られた名品だけでなく、これまで日の目を見ることの少なかった卒業制作などの作品、模写、石膏像や写真・資料類にもスポットをあてることによって、藝大コレクションの...

東京都 台東区東京芸術大学美術館

レオナルド×ミケランジェロ展

6/17 - 9/24

本展は、芸術家の力量を示す上で最も重要とされ、全ての創造の源である素描(ディゼーニョ)に秀でた2人を対比する日本初の展覧会です。

所蔵資料展 れきはく どうぶつえん

5/27 - 8/27

新宿歴史博物館が所蔵する日本画・錦絵・陶磁器・民具、その他各種の資料には、個性豊かな動物の姿を見つけることができます。 展示室を動物園に見立て、いつもとはちょっぴり違った切り口で博物館資料の魅力をご...

東京都 新宿区新宿歴史博物館

アルチンボルド展

6/20 - 9/24

本展は、世界各地の主要美術館が所蔵するアルチンボルドの油彩約10点や素描を中心に、およそ100点の出品作品により、この画家のイメージ世界の生成の秘密に迫り、同時代の文脈の中に彼の芸術を位置づけ直す試みで...

館蔵 中国の工芸 松岡コレクション 印象派・新印象派  モネやルノワールはどこを描いたの?なにを描いたの?

5/23 - 9/23

展示室4で「館蔵 中国の工芸」 展示室5、6で「松岡コレクション 印象派・新印象派   モネやルノワールはどこを描いたの?なにを描いたの?」を同時開催しています。

日タイ修好130周年記念特別展「タイ ~仏の国の輝き~」

7/4 - 8/27

本展では仏教国タイについて、タイ族前史の古代国家、タイ黎明期のスコータイ朝、国際交易国家アユタヤー朝、現王朝のラタナコーシン朝における仏教美術の名品を通じて、同国の歴史と文化をご覧いただきます。

東京都 台東区東京国立博物館

ヨーロッパの木の玩具(おもちゃ)―ドイツ・スイス、北欧を中心に

7/8 - 9/3

本展では、木製玩具の魅力を「みる」「遊ぶ」「知る」の視点から紹介します。

東京都 目黒区目黒区美術館

第67回企画展 夏休み特集「いちずに一本道 いちずに一ツ事」

6/13 - 9/10

本展は人生の節目節目に残された作品を手がかりに、相田みつをの知られざる”生き方”を紹介するものです。

田中彫刻記~平櫛田中107年の軌跡~

5/23 - 9/10

平櫛田中の107年にわたる彫刻家としての人生を、平櫛田中の作品や当時の資料、当館オリジナル漫画『田中彫刻記』とともに紹介する展覧会です。

作品寄贈記念展 ORIGAMI ~"神宿る手"吉澤章のまなざし~

6/17 - 9/3

このたび、当館への作品寄贈記念の特別展として、寄贈作品の中から、1955年にアムステルダム市立美術館で展示された作品を中心にご紹介いたします。

東京都 北区紙の博物館

『無印良品と明和電機をくらべた展 ナンセンス計測のこころみ』展

6/30 - 8/27

朝起きてから寝るまで、私たちはたくさんの道具を使って暮らしています。一体だれがどうやって考え、どのようにつくり、そしてどんな人が使うのでしょう。本展では、この素朴な疑問を、無印良品とアートユニット...

東京都 千代田区ATELIER MUJI

生誕140年 吉田博展 山と水の風景

7/8 - 8/27

本展では、水彩、油彩、木版へと媒体を展開させていった初期から晩年までの作品から200余点を厳選し、吉田博の全貌とその魅力に迫ります。

弥生美術館「命短し恋せよ乙女」 ~マツオヒロミ×大正恋愛事件簿~

7/1 - 9/24

大正時代は、世の中を賑わせた恋愛事件が頻発しました。カリスマ女優・松井須磨子の後追い自殺、世界的な物理学者・石原純を誘惑、失墜させたと非難された原阿佐緒――衝撃的な恋のいきさつを写真と新聞記事から紹...

竹久夢二美術館 竹久夢二 モチーフ図鑑 ―夢二さんの好きなもの―

7/1 - 9/24

本展では、夢二が繰り返しとりあげたモチーフに着目し、彼の作品世界をご紹介いたします。

「荒木経惟 写狂老人A」

7/8 - 9/3

本展は、今年77歳を迎え、一層活発な活動を続ける荒木が本展に向けて制作した最新作を中心に、荒木の制作の原点とも言える1960年代制作のスクラップブックなどもまじえながら、その多様な活動を総数1000点超の壮...

ベルギー奇想の系譜ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで

7/15 - 9/24

本展では、この地域において幻想的な世界を作り出した一連の流れを、ボス派やブリューゲルなどの15・16世紀のフランドル絵画に始まり、象徴派のクノップフ、アンソール、シュルレアリストのマグリット、デルヴォ...

A

AMBIENT 深澤直人がデザインする生活の周囲展

7/8 - 10/1

今回、無印良品、au(KDDI)、B&BItalia、パナソニックなどのブランドの製品としてデザインされ、グッドデザイン賞など著名な賞を受賞した作品が多数出品されます。

ことばらんどでたからさがし!中垣ゆたか展

7/15 - 9/18

本展では、色鮮やかな原画を展示し、その創作の裏側も紹介します。さらに、“たからさがし”をテーマにした最新刊『タロとチーコのひみつのだいぼうけん』の世界を展示室内に再現。独創的な絵本の世界に、みなさん...

「五感でみるてんらんかい」

7/11 - 9/17

展示作品にはさわれませんが、展示してあるいくつかの絵画作品については、ワークシートを使って「触覚」や「嗅覚」を体験できるコーナーもあります。この夏は、子どもも大人もみんなで美術館で五感をフル回転し...

誕生40周年こえだちゃんの世界展

7/8 - 9/3

『こえだちゃん』の世界を初代(1977年)〜8代目(2016年)の歴代玩具と桜井 勇氏による『こえだちゃん』のイラスト原画を中心に紹介、最新の『こえだちゃん』を体験できるプレイスペースも展示室内に設けます。...

東京都 八王子市八王子市夢美術館

グラフィックトライアル2017Fusion

7/1 - 9/18

グラフィックトライアルは、グラフィックデザインと印刷表現の関係を深く追求し、新しい表現を模索獲得するための試みであり、第一線で活躍するクリエイターがさまざまな印刷表現に挑戦する実験(トライアル)企...

水の七変化展

6/20 - 9/3

水が描かれた作品を集め展示いたします。水をテーマに季節によって描き分けた「水四題」は約九年ぶりの展示となります。

東京都 青梅市玉堂美術館

やきもの勉強会 食を彩った大皿と小皿

7/13 - 9/3

中国や日本のやきものを、大皿と小皿が紡いできた食卓の物語に思いをはせてお楽しみください。

東京都 港区根津美術館

ボストン美術館の至宝展-東西の名品、珠玉のコレクション

7/20 - 10/9

本展では、美術館を支えてきた数々のコレクターの物語に光を当てながら、発掘調査隊の成果を含む古代エジプト美術から、歌麿や蕭白らによる日本・中国美術の名品、ボストン市民の愛したモネやファン・ゴッホを含...

杉戸洋 とんぼ と のりしろ

7/25 - 10/9

本展は東京の美術館で初めてとなる個展です。独特の質感をもつ壁や床により構成された、地下に広がる吹き抜けのギャラリーの空間で、杉戸洋の最新作との出会いをお楽しみください。

東京都 台東区東京都美術館

宮崎進 すべてが心に沁みる大地

7/15 - 10/9

平面作品と立体作品、および数多くのドローイングやモノタイプ作品から響き渡る芸術家のエネルギー、過去への情景や悔悟、記憶や記録ではない表現する「今」を問い、生きる歓びを詠い、あらゆる想いが大地に沁み...

ビアトリクス・ポター™生誕150周年 ピーターラビット™展

7/15 - 9/3

本展は、英国ナショナル・トラストが所蔵する貴重な絵本の自筆原画やスケッチ、彼女の愛用品など200 件以上の作品・資料が出品され、そのほとんどが日本初公開となります。

ぱれたん動物園

7/15 - 8/27

2006年以来、8回目となる今年のテーマは、「動物園」。絵の中の動物をじっくり観察したり、クイズに答えたり。恒例のお絵描(えか)きコーナーもあります。たくさんの動物たちにぜひ会いに来てください。

届かない場所 高松明日香展

8/11 - 10/22

高松の作品の前に立つと、自ずとなにかを問われているような気持ちになります。それは、届かない場所から聞こえてくるかすかな呼び声です。それに応えずとも、ただ耳を澄ますところに、きっと新たな出会いがあり...

第38回 夏休み塩の学習室「世界塩さんぽ」

7/21 - 8/27

世界各地を旅するように思い思いに展示室内を回ってクイズを解きながら、人・動物と塩の関わりを学べます。合わせて塩の性質が分かる「塩の実験室」や実験ワークショップなどもあって、自由研究にもぴったりの企...

東京都 墨田区たばこと塩の博物館

日本の家 1945年以降の建築と暮らし

7/19 - 10/29

本展は日本の建築家56組による75件の住宅建築を、400点を超える模型、図面、写真、映像などを通して紹介する壮大な試みです。

練馬区独立70周年記念展 生誕150年記念 藤島武二展

7/23 - 9/18

藤島武二生誕150年を記念し、初公開となる作品や資料を含む約160点を紹介し、藤島芸術の裾野の広さを再検証します。

企画展「輝く女性-美術界における女流-」

7/15 - 9/3

今回は館蔵品の中から、独立美術協会に集った女流画家、13人による約30点の作品を展示することとしました。普段あまり展示する機会のない、大型作品も多数含まれます。個性豊かな作品をお楽しみください。

東京都 青梅市青梅市立美術館

地獄絵ワンダーランド

7/15 - 9/3

この展覧会は、「怖れ」と「憧れ」の象徴としての地獄と極楽の美術を通じて、日本人が抱いてきた死生観・来世観を辿るものですが、なかでも近世以降、民間で描かれた様々な地獄極楽図は「たのしい地獄絵」といわ...

中村亮一 平川恒太「 匿名の肖像」展

8/11 - 8/26

Ryoichi Nakamura, Kota Hirakawa “Anonymous Portrait” 本展では、二人の 画家が、歴史や国家、人種、宗教を、人間の姿へと映し出した作品群を発表いたします。

魅惑のランプ ―古代地中海からヨーロッパ、アジアまで―

7/29 - 9/10

古代西アジアやギリシア、ローマ、エジプトなど地中海世界から、近現代の南アジア、ヨーロッパ、そして日本の灯火にいたるさまざまな種類のランプを紹介します。イベントもりだくさん。大人も子どもも楽しめる展...

祈りのかたち ―仏教美術入門

7/25 - 9/3

広大な密教世界を図示した曼荼羅、憧れの極楽浄土図や恐ろしい裁きの世界を描いた地獄図、厳しい修行を通して悟りを求めた禅宗の祖師図や近世の禅画など、各時代を代表する仏教美術作品を一堂に展示し、仏への帰...

東京都 千代田区出光美術館

六本木開館10周年記念展おもしろびじゅつワンダーランド2017

8/1 - 8/31

本展は、サントリー美術館の名品をみて・きいて・はなして・つくって・・・、からだ全体を使って作品の魅力と出会う体験・体感型展覧会です。

東京都 港区サントリー美術館

総合開館20周年記念 TOPコレクション「コミュニケーションと孤独」平成をスクロールする 夏期

7/15 - 9/18

本展では、当館の34,000点を超えるコレクションの中から、平成年代に制作された作品をご紹介しながら、時代とともに変化してきたコミュニケーションのありかたを考えます。

月岡芳年 妖怪百物語

7/29 - 8/27

本展では、「和漢百物語」と「新形三十六怪撰」をそれぞれ全点公開するとともに、初期から晩年までの作品をあわせて約100点を出品し、芳年が描く妖怪画の世界を紹介いたします。

アニメサザエさん展「あなたも私もゆかいな家族」

7/15 - 8/27

サザエさんの家族にスポットをあて、日常のありふれた生活にある家族のつながりや、家族だからこそ感じあえる微妙な感覚などを、原作とアニメの両面からご紹介していきます。

紙の上のいきものたち!!

7/29 - 9/24

本展では身近なものから遠い異国のものまで、多種多様ないきものが息づく約120点の版画を展示。植物から作られた町田産の色材を用いた若手作家の版画も紹介します。

インプリントまちだ展 2017絵描き・ながさわたかひろ、サッカー・FC町田ゼルビアでブレイク刷ルー!

7/29 - 9/24

第一弾の今年のテーマはスポーツ。町田をホームタウンに活動するJ2・FC町田ゼルビアをながさわたかひろが描きます。

企画展 南方より、伊東深水から―市川市所蔵「南方風俗スケッチ」

7/28 - 9/10

本展示では、日本占領下の東南アジア諸地域が、日本人画家達からどのような視線を向けられていたのか、その一端を市川市所蔵、伊東深水《南方風俗スケッチ》を展示することで概観します。

東京都 小金井市はけの森美術館

『Gallery project for young artist vol.1』  大石 奈穂・松下 大一二人展

7/22 - 8/27

精妙な表現力を持った二人の若い作家の真摯な制作姿勢を通して描き出された作品を是非ご高覧下さい。 何卒よろしくお願いいたします。

夏休み企画「知ってる? 武者小路実篤」

7/1 - 8/27

武者小路実篤って何をした人? 夏休みを機会に初めて学ぶ人にもわかりやすく紹介します。どんな人で、どんな作品があるの?

小澤七絵展

8/8 - 9/10

-奥多摩に咲く花や草木を描くー

第2期展 向井潤吉1960's 民家遍歴

8/5 - 12/3

本展では1959年から1960年にかけてヨーロッパへ、さらに1966年に中国に旅行した際に描いた作品もご紹介いたします。

茶の湯ことはじめ

8/5 - 9/18

「床の間」「茶室」「濃茶」「取り合わせ」など、茶の湯に関するキーワードで展示を構成し、茶道具の鑑賞のポイントをご紹介いたします。

東京都 港区畠山記念館

東海道五拾三次展

7/25 - 8/27

東海道を描いた浮世絵版画は、たくさん出版されましたが、なかでも1833年(天保4)に版行が始まったこのシリーズは、最も完成度が高く人気があったものです。今回は、この中から主要な18点を展示します。

奇喜怪快 井上洋介の絵本展

8/24 - 11/5

本展では、初の絵本『おだんごぱん』から、『くまの子ウーフ』、1970年代から展開した自作絵本など、絵本の仕事を中心に、タブローや漫画などの作品も展示します。

絵で見る 渋沢栄一のヨーロッパ旅行 in 1867

7/22 - 8/27

渋沢栄一にとって初めての海外旅行の様子を、イラストレーターのミノティカさんに描いていただいた可愛らしいイラストとともにご覧いただきます。この夏、お子さまから大人のみなさままで、渋沢史料館で150年前の...