日付で絞り込む

2018/2
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728
2018/3
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2018/4
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
2018/5
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

都道府県で絞り込む

2/22 @ 東京都

新企画展示のお知らせ 「食べるを描く。」

5/27 - 5/15

今回の企画展示では、食べものが本物よりも美味しそうに見え、幸せな気分にさせてくれる食事のシーンはどのように描かれているのかについて紹介していきます。

紙で旅するニッポン~四国編~

9/16 - 3/4

近代には、吉井源太が製紙技術改良を行い、高知は和紙王国になっていきました。洋紙は、特殊機能紙の工場が多いことでも知られています。この展示を通して、香川、徳島、高知、愛媛県の紙について知っていただけ...

東京都 北区紙の博物館

没後40年 熊谷守一 生きるよろこび

12/1 - 3/21

東京で久々となるこの回顧展では、200点以上の作品に加え、スケッチや日記などもご紹介し、画家の創造の秘密に迫ります。

色ガラス芸術のパイオニア 岩田藤七、久利

12/9 - 2/25

今回の展示会では、岩田親子の活動の軌跡を紹介するとともに、所蔵するガラス作品42点を公開します。また、近年区民より寄贈を受けた岩田工芸ガラスの工房作品20点ほどもあわせて展示します。日本の近現代ガラス...

装飾は流転する 「今」と向きあう7つの方法

11/18 - 2/25

この展覧会には7組のアーティストたちが登場します。彼らは年齢も国籍もジャンルも多様です。その表現もゴシック装飾を施したダンプカーや、様々な文化圏の模様をリミックスした絨毯、窓のたたずまいからそこに住...

特別展「仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ―」

1/16 - 3/11

本展覧会では、仁和寺の寺宝のほか、仁和寺を総本山とする御室派寺院が所蔵する名宝の数々を一堂に紹介します。

東京都 台東区東京国立博物館

向井潤吉 1970's-1980's 民家集大成

12/16 - 3/18

最終回となる本展では、1970年代から1980年代の作品を中心に、その円熟味を増した創造の世界をご紹介します。

第69回企画展 相田みつを 冬の時代

12/12 - 3/11

本展は、冬にまつわる作品を多数展示し、相田みつをにとって冬とはなんだったのか?なぜ冬の時代が必要だったのかを探るものです。

歌川国貞展

1/20 - 3/25

本展では、国貞の代表作を選び展示します。江戸の女性たちのいきいきとした姿、役者たちの迫力ある舞台姿などを、鮮やかで美しい色彩と共にお楽しみください。精緻を極めた彫りや摺りも必見です。

神聖ローマ帝国皇帝ルドルフ2世の驚異の世界展

1/6 - 3/11

本展ではジュゼッペ・アルチンボルドを始め、ルドルフ2世が愛好した芸術家たちの作品を中心に、占星術や錬金術にも強い関心を示した皇帝の、時に魔術的な魅力に満ちた芸術と科学の世界をご紹介します。

茶懐石のうつわ 併設 季節の書画

1/20 - 3/18

個々の美しさもさることながら、取り合わせることで、場をいっそう華やかにする「もてなしのうつわ」の魅力をお楽しみください。

東京都 港区畠山記念館

「本をめぐる美術、美術になった本-近代日本の装幀美本からブック・アートまで:1905-2004」

1/20 - 3/18

本展では、主として明治30年代から昭和20年代に至る装幀本の数々に加え、「本」という形態と機能に魅せられた現代美術家たちの作品を紹介します。

古伊万里にみるうわぐすり展

1/7 - 3/21

今展では、筆で描かれた文様ではなく、釉薬の色による装飾に注目し、伊万里焼を中心に約80点をご紹介いたします。種類や施釉方法、時代や焼成状況によって変化する、うつわひとつひとつの表情を、ご堪能下さい。

東京都 渋谷区戸栗美術館

『ギフト デザインの贈りもの展 -永井敬二コレクション- 』

1/26 - 4/15

本展では、福岡在住のインテリアデザイナー、永井敬二氏が50年にわたり自分自身の目と手と足で世界中から集めた、暮らしを豊かにする膨大なプロダクトデザイン・コレクションの中から、ギフトをテーマにセレクト...

東京都 千代田区ATELIER MUJI

弥生美術館 昭和×東京下町セレナーデ 滝田ゆう展

1/3 - 3/25

本展では、連載開始から50年となる「寺島町奇譚」の原画の他、戦前・戦中の東京下町の風俗が綿密に描きこまれたカラーイラストや「泥鰌庵閑話」の原画、関連資料などを多数紹介。

竹久夢二美術館 竹久夢二と雑誌の世界 ―明治・大正・昭和の魅惑のメディア―

1/3 - 3/25

本展覧会では、夢二の仕事の主軸ともいえる雑誌を中心に作品をご紹介いたします。夢二を通し、今改めて時代を映し出す雑誌の魅力に触れてみませんか。

谷川俊太郎展

1/13 - 3/25

谷川俊太郎のエッセンスを探るべく、本展では仕事の全体を振り返るかわりに詩人の現在に焦点をあてることにしました。実生活の喜びやいたみから詩を紡ぎ出し、社会とつながろうとしてきた谷川。その暮らしの周辺...

生誕150年記念 横山大観ー東京画壇の精鋭ー

1/3 - 2/25

生誕150年と没後60年にあたる本年、当館所蔵の大観作品全点を一挙公開するとともに、東京画壇で活躍した画家たちの作品を紹介する展覧会を開催します。

忘れられない、―浜口陽三、カロリーナ・ラケル・アンティッチ、前原冬樹、向山喜章―

1/16 - 4/15

4 人の作家のつくりだす空間は、私たちの記憶やイメージと交差します。 ひきだしの奥にしまってあった心のかけらにささやきかける作品の数々をご覧ください。

ヘレンド展 ― 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯 ―

1/13 - 3/21

本展では、ブダペスト国立工芸美術館やハンガリー国立博物館などから出品される多数の陶磁器作品により、ヘレンドの輝かしいあゆみをご覧頂きます。

東山魁夷展 ─長野県信濃美術館東山魁夷館所蔵品による

1/2 - 3/4

本展では、長野県信濃美術館東山魁夷館が所蔵する作品を中心に、本制作、試作品、ヨーロッパ・北欧風景、京洛四季、白馬の見える風景シリーズなど、合計約80点を展観いたします。

東京都 八王子市東京富士美術館

追悼 深沢幸雄ー銅版画とガラス絵ー

12/10 - 2/25

本展では多摩美術大学美術館のコレクションとなっている銅版画と後年没頭したガラス絵を加えた約40点を一同にご紹介いたします。多彩にして多才な深沢幸雄の表現世界をお楽しみ下さい。

絵画の現在

1/13 - 2/25

府中市美術館は2000年秋の開館以来、展覧会や公開制作プログラムを通して、現代の絵画を積極的に紹介してきました。その成果の継承・発展を目的に、絵画の「いま」を、個性豊かな7名プラス1名の作品に探る展覧会...

明治維新150年 幕末・明治 ―激動する浮世絵

1/5 - 2/25

本展覧会では、幕末から明治にかけて制作された浮世絵約150点(前後期で展示替えあり)を紹介します。幕末・明治という時代にあわせて激動していく浮世絵をお楽しみください。

ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜

1/23 - 4/1

本展は貴重なプライベート・コレクションの作品を中心とした約100点の作品により、ブリューゲル一族と、彼らと関わりのある16、17世紀フランドル絵画の全体像に迫ろうという挑戦的な展示になります。

マイク・ケリー展 デイ・イズ・ダーン

1/8 - 3/31

マイク・ケリーは文化でさえも何かに支配され、その皮を引きはがすことこそが自身の役目だと語っていた。 そうだとすると、この展覧会は「自由のための見世物小屋」だろうか。 作品の中の怪しい登場人物に隠され...

ルドン−秘密の花園

2/8 - 5/20

本展は植物に焦点をあてた、前例のない展覧会となります。ドムシー男爵の城館の食堂を飾った装飾で、当館が所蔵する最大級のパステル画《グラン・ブーケ(大きな花束)》を、同食堂の残りの15点の壁画(オルセー...

ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち

1/13 - 4/1

本展覧会では、マネの《街の歌い手》をはじめ、ドガやルノワールなど印象派の巨匠が描いた女性の肖像、カサットやモリゾなど女性芸術家による傑作、カルダンやバレンシアガの斬新なドレスからブリジット・バルド...

東京都 世田谷区世田谷美術館

ちりめん細工の今昔

1/23 - 4/8

2006年に当館と共催にて行い好評を博した「ちりめん細工」展に続き、今回の展示では新たな作品を加え、再び「ちりめん細工」の優しい魅力を紹介します。

東京都 墨田区たばこと塩の博物館

明の転 帳に輝 林亮太 作品展

2/3 - 2/25

今回の展覧会では、新たに描いた清瀬の風景、前回展示できなかった作品、及び近作を一同に展示します。

館蔵古伊万里 華やぎのうつわ 館蔵日本画展  人、動物、自然

1/30 - 5/20

展示室4で館蔵 古伊万里 華やぎのうつわ 展示室5、6で館蔵日本画展  人、動物、自然を同時開催いたします。

東京都 港区松岡美術館
H

Hokusai Beauty ~華やぐ江戸の女たち~

2/14 - 4/8

本展では、当館所蔵の北斎と一門の描いた美人画と、結髪雛型や装身具、化粧道具といった江戸の女性風俗を伝えるポーラ文化研究所所蔵の資料等を合わせて、130点ほどの作品や資料から、北斎の美人画の魅力を伝え...

寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽

2/14 - 4/8

近世初期の「雅」を担った宮廷文化と、それと軌を一にして生まれた新時代の美意識が、小堀遠州(こぼりえんしゅう)、野々村仁清(ののむらにんせい)、狩野探幽(かのうたんゆう)などの芸術に結実していく様子...

春期展「実篤の言葉 画讃と詩を中心に」

2/3 - 3/11

画にぴったりと寄り添った実篤の画讃や、実篤が書く言葉からは、人生への賛美と前向きな肯定が感じられ、見る人に生きる力を与えてくれます。 実篤の画讃と詩を中心に、言葉に注目して作品を選び、実篤が書く言葉...

三井家のおひなさま

2/10 - 4/8

毎年恒例となりました、日本橋に春の訪れを告げる「三井家のおひなさま」展。三井家の夫人や娘たちがこよなく愛した、ひな人形・ひな道具の華麗なる競演をお楽しみください。 展示室7では特集展示「三井家と能」...

東京都 中央区三井記念美術館

香合百花繚乱

2/22 - 3/31

香合ほど種類が豊富な茶道具は他にありません。 このたびの展覧会では香合約160点を展示し、その世界が花開いていく様子をご覧いただきます。茶席を彩る小さな香合の愛らしい姿をお楽しみください。

東京都 港区根津美術館

色絵 Japan CUTE !

1/12 - 3/25

「色絵」をより広く、カラフルな色彩の美を楽しむやきものとしてご紹介いたします。日本文化の多彩な特性を映し出す、絢爛として愛らしい色絵の世界を、どうぞお楽しみください。

練馬区独立70周年記念展 サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法

2/22 - 4/15

20世紀フランスという時代と場所の空気を切り取ってきた写真を通して、今日「屋外広告」とよばれる広告芸術が、道行く人々の心を癒し心躍らせ、時に批判され、街の中でどのような効果を発揮していたかに思いを馳...

MINA-TO Art Wall Versoa SAWAKO URA EXHIBITION

2/5 - 2/25

オリジナルアイテムの発売を記念して、MINA-TOでは2月5日ー2月25日に、“Versoa(芽吹き)”Sawako Ura Exhibitionを開催。東京での約3年ぶりの個展となる本展では、描き下しデザインの原画や、日本未発表を含むテ...

ムットーニワールド からくりシアターⅣ World of MUTTONI -Automaton Theater Ⅳ-

2/7 - 3/27

今回は、これまでに当館で展示したことの無い作品を中心に、お馴染みとなった大型、中型、室内型作品の代表作など充実したラインナップで紹介します。

企画展「彫刻と人形」

2/7 - 5/20

彫刻と人形の境目はどこにあるのでしょうか。 本展は、雛人形、創作人形、市松人形、アンティークドールなどの田中が蒐集した様々な人形を楽しみながら、そんな疑問について考えてみる展覧会です。

東京都 小平市平櫛田中彫刻美術館

吉増剛造「火ノ刺繍 La Broderie de feu」

2/8 - 2/25

近年の吉増の軌跡を辿る本書の、通奏低音になっている「声」「手」「歩行/移動」を手掛かりに、吉増が綴り、縫い上げ、炎を灯した詩+映像+写真+パフォーマンス作品が展開されます。

東京都 渋谷区NADiff