日付で絞り込む

2018/6
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2018/7
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2018/8
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2018/9
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

都道府県で絞り込む

6/13 @ 東京都

新企画展示のお知らせ 「食べるを描く。」

5/27 - 11/15

今回の企画展示では、食べものが本物よりも美味しそうに見え、幸せな気分にさせてくれる食事のシーンはどのように描かれているのかについて紹介していきます。

『コンポジション — モノが持つルール — 』展

4/20 - 6/24

本展は、クリエイターと一緒に、 ものを考えること、ものをつくること、またそれがある空間と時間を通して、 私たちに宿る創造の可能性をみんなで更新してみよう、という展覧会です。想像と創造がかたちになると...

東京都 千代田区ATELIER MUJI

金襴手-人々を虜にした伊万里焼-展

4/4 - 6/21

江戸時代の高級食器から、美術品へ。今展では、いつの時代も人々を虜にしてきた絢爛豪華な古伊万里金襴手を展観いたします。

東京都 渋谷区戸栗美術館

ドローイング ー内なる水脈の解放ー

5/21 - 8/10

会期:2018年5月21(月)~ 8月10日(金)、 8月18日(土)、19日(日) Drawing: Freeing the Interior Stream 本展では、近年収蔵した作品を中心に、画家、彫刻家、建築家という、異なるジャンルの作家たちに...

リトグラフ 石のまわりで

5/21 - 8/10

会期:2018年5月21(月)~ 8月10日(金)、 8月18日(土)、19日(日) 本展では印刷技術史における近代印刷術としてのリトグラフと多様な表現を 生み出す美術表現としてのリトグラフの両面から、印刷技術史をた...

酒器の美に酔う

4/24 - 6/17

本展では、酒を盛る・注ぐ・酌み交わすうつわ、そして酒を呑む人びとをテーマに、およそ3000年前の中国古代から幕末・明治時代まで、中国・朝鮮・日本の豊かな酒器の世界と酒をめぐる美術を紹介します。

弥生美術館 セーラー服と女学生 ~イラストと服飾資料で解き明かす、その秘密~

3/29 - 6/24

本展覧会ではイラストレーションと服飾資料により、その秘密と魅力に迫ります。 武内直子『美少女戦士セーラームーン』の原画(合計3点)、中村佑介の最新作を含む原画20点を展示いたします!

竹久夢二 暮らしを彩る小さな美 ―大正ロマンのかわいいデザイン―

3/29 - 6/24

本展では港屋絵草紙店で人気を誇った千代紙をはじめ、着物小物、絵葉書、装幀本など暮らしの中で花開いた、小さくてかわいい夢二図案&装飾の数々を紹介します。

五木田智央 PEEKABOO

4/14 - 6/24

本展は、新作の絵画、ドローイングを中心に、近年の代表作や、800点以上のドローイングの小品からなる大規模なインスタレーションなど、約40点の作品によって、五木田智央の魅力を探ります。

河鍋家伝来・河鍋暁斎記念美術館所蔵 暁斎・暁翠伝 ─先駆の絵師魂!父娘で挑んだ画の真髄─

4/1 - 6/24

近年人気を集め、話題の展覧会も次々開催されている河鍋暁斎。本展では幕末から明治前半の画壇において、狩野派絵師として、また様々な画派を貪欲に学びながら幅広い作風と領域で活躍した暁斎と、その長女で、柔...

99歳の彫刻家・関頑亭-声字実相義 耳で見つめ、目で聴く-

3/27 - 7/1

木彫、脱活乾漆を含む彫刻作品をはじめ、最初期のパステル画、50・60代で描いた仏画、近年の旅先でのスケッチ作品、近作の書の作品など、関連資料も含めおよそ70点を展示し、全8章より「未完成だし成長中だから、...

生誕120年 イスラエル博物館所蔵ミラクル エッシャー展

6/6 - 7/29

本展は、代表的なだまし絵の作品に加え、初期に制作された作品、さらにその版画制作に使用された板や直筆のドローイングが加わった約150点で構成されます。

ターナー 風景の詩(うた)

4/24 - 7/1

本展覧会はターナーの水彩、油彩、版画作品約120点を、「地誌的風景画」「海景‐海洋国家に生きて」「イタリア‐古代への憧れ」「山岳‐あらたな景観美をさがして」という4つの章でご紹介し、その核心と魅力に迫りま...

人間・髙山辰雄展――森羅万象への道

4/14 - 6/17

本展は、大分県立美術館の所蔵作品を核とし、大分市美術館ならびに各所蔵者のご協力のもと、過去最大規模の約120点を集め、70余年にわたる髙山辰雄の画業を回顧します。

東京都 世田谷区世田谷美術館

ジョルジュ・ブラック展 絵画から立体への変容 ―メタモルフォーシス

4/28 - 6/24

本展では、この「メタモルフォーシス」と呼ばれる作品群を日本で初めて本格的に紹介します。少数ながら初期の絵画も出品され、ブラックの様々な造形性に出会える華やかな内容の展覧会です。

理由なき反抗展

4/7 - 7/29

アーティストは、慣習、体制、権力、困難な状況といったものに抗い、闘う。本展では、ワタリウム美術館コレクションを中心に、15人の作家、約100点の作品を展示する。

ニッポンのエンターテインメント 歌舞伎と文楽のエンパク玉手箱

3/23 - 8/5

演劇博物館(通称エンパク)の歌舞伎・文楽コレクションは世界最大。エンパクの宝物ともいえるこれらの資料を中心に、「歌舞伎と文楽」の魅力や楽しみ方を紹介する展覧会を開催します。 作る、演じる、見る――さま...

プーシキン美術館展──旅するフランス風景画

4/14 - 7/8

神話の物語や古代への憧憬、あるいは身近な自然や大都市パリの喧騒、果ては想像の世界に至るまで、描かれた時代と場所を軸にフランス近代風景画の流れをご紹介します。

モボ・モガが見たトーキョー 〜モノでたどる日本の生活・文化〜

4/21 - 7/8

本展では、ドラマや映画も多数制作され、近年注目されているこの時代の人々の生活・文化について、さまざまな資料を通して紹介します。

東京都 墨田区たばこと塩の博物館

ガレも愛した-清朝皇帝のガラス

4/25 - 7/1

本展は、清朝皇帝のガラスの美を、ガレの作品とも比較しながら、有数のコレクションでご紹介する試みです。英国ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館から来日する作品群とともに、お楽しみください。

収蔵コレクション展「薫風ー藤井勉の世界」

4/21 - 6/24

風薫る季節の到来です。長谷川町子美術館では収蔵コレクション展「薫風―藤井勉の世界」と題し、上村淳之「晴れ間」、大山忠作「緑雨」、那波多目功一「五月の頃」、田渕俊夫「春萌ゆ」など、この時季ならではの作...

開館30周年記念 浮世絵モダーン 深水の美人! 巴水の風景! そして ・・・

4/21 - 6/17

本展覧会は、2005年に町田市立国際版画美術館が企画開催し、その成立と展開の見取り図を示した「浮世絵モダーン」展の第二弾として、以上のような視点をもとに、「浮世絵モダーン」が同時代の社会や芸術などと共...

没後200年特別展 大名茶人・松平不昧

4/21 - 6/17

本展では不昧が愛蔵した名品の数々、さらに不昧像が窺われる自筆の書画や好んで作らせた器なども紹介いたします。

「没後200年 大名茶人 松平不昧と天下の名物―「雲州蔵帳」の世界」

4/7 - 6/17

この節目の年に、質・量ともに群を抜く当館の「雲州蔵帳」記載茶道具を一堂に展示し、茶人、コレクター、そして文化財保護の先駆者でもあった不昧の美意識を探る展覧会を開催します。

戦後美術の現在形 池田龍雄展-楕円幻想

4/26 - 6/17

練馬区立美術館では1997年に「池田龍雄・中村宏」展を開催しており、今回は練馬では20年ぶりの池田龍雄回顧展となります。本展では、50年代から第一線で活躍し続ける池田の作品に息づく、戦後美術の現在形に迫り...

浜口陽三展 あるかがやき ―森芳雄の作品とともに

4/27 - 7/22

戦前のパリで芸術を学び、戦後には新しい美術をつくりだそうと切磋琢磨した二人。共に抱いた芸術への崇高な憧れを感じていただけたら幸いです。

生誕60周年記念 くまのパディントン™展

4/28 - 6/25

児童書の挿絵や絵本の原画をはじめ貴重な資料の数々で、世界中で愛されるパディントンの魅力に迫る!

童謡誕生100年 童謡とわらべ唄―北原白秋から藪田義雄へ

4/21 - 6/17

本展では、北原白秋により確立された童謡が、誕生から100年を迎えることを記念し、白秋の作品世界と童謡に込めた願い、白秋の思いを引き継いでわらべ唄の研究をライフワークとした詩人・藪田義雄の軌跡を辿ります...

近代の日本画展

5/12 - 6/17

館蔵の近代日本画コレクションから「風景表現」を中心に、明治から昭和にかけての近代日本を代表する画家の作品約四十点を選び展観。

N

NHK大河ドラマ特別展「西郷どん」

5/26 - 7/16

本展覧会は大河ドラマと連動しながら、西郷隆盛ゆかりの歴史資料や美術品などによって、「西郷どん」の人物像と激動の時代を 浮き彫りにします。

東京都 台東区東京芸術大学美術館
T

TOPコレクション たのしむ、まなぶ イントゥ・ザ・ピクチャーズ

5/12 - 8/5

本展は、当館の34,000点以上におよぶ膨大なコレクションの中から、古今・東西のすぐれた名品の数々を紹介しつつ、観客の皆様を美術館の豊かで多様な学びへと誘います。写真に詳しい方にも、そして当館を訪れるの...

琳派ー俵屋宗達から田中一光へー

5/12 - 7/8

本展では、当館が所蔵する琳派コレクションを中心に、宗達(絵)・光悦(書)《鹿下絵新古今集和歌巻断簡》(山種美術館)、光琳《白楽天図》(個人蔵)、抱一《秋草鶉図》【重要美術品】(山種美術館)、其一《四季花鳥図...

長谷川利行展 七色の東京

5/19 - 7/8

本展では、近年の再発見作《カフェ・パウリスタ》《水泳場》、約40年ぶりの公開となる《夏の遊園地》、そして新発見の大作《白い背景の人物》など、代表作を含む約140点で利行の芸術の全貌を紹介します。

いわさきちひろ生誕100年「Life展」 着るをたのしむ spoken words project

5/19 - 7/22

巧みな線や水彩の技術、強くしなやかな女性としての生き方――。いわさきちひろの世界観が、現代のファッションとして蘇る。

はじめての古美術鑑賞漆の装飾と技法

5/24 - 7/8

この展覧会では、日本や中国、朝鮮半島の漆器の歴史や装飾、その技法などをわかりやすく解説します。日本に伝わる漆器の伝統を身近に感じて頂ければ幸いです。

東京都 港区根津美術館

広重 二つの東海道五拾三次 保永堂版と丸清版

5/25 - 7/1

本展ではその後50代で描いた丸清版とあわせ、構図や題材の違いを比べながら二つの東海道の風景を紹介します。

松岡コレクション ― 水のうつわ・空のうつわ 涼を招く東洋陶磁・松岡コレクション ― エコール・ド・パリを中心に

6/5 - 10/13

水と空をキーワードに、涼やかな東洋陶磁をご紹介します。エコール・ド・パリの画家たちを中心に、松岡コレクションより20世紀前半のフランス近代絵画をご紹介します。

宇宙に訊ねよ ミュオグラフィが透視する科学と芸術の出会うミライ

5/19 - 6/17

本展ではメディアアートやサウンドアートの他に日本画・油画・ガラスなどのファインアート、さらにハンガリー出身作家がミュオグラフィ研究者とのインタラクションをベースにした公開制作を行います。

トルコの伝統手芸オヤ&クラフト展

6/1 - 6/30

新刊書籍『かぎ針ひとつでやさしく編める ビーズで楽しむオヤのアクセサリー』と、『トルコの伝統手芸 縁飾り(オヤ)の見本帳』(高橋書店)の作品展示&材料やトルコ雑貨なども販売します。

東京都 台東区Gallery t

江戸の悪 PARTⅡ

6/2 - 7/29

月岡芳年、東洲斎写楽、歌川国芳、葛飾北斎、歌川国貞-さまざまな浮世絵師たちが描いた悪人たちを大特集。 前期 6月2日(土)~27日(水) 後期 6月30日(土)~7月29日(日) ※前後期で全点展示替え

企画展「平櫛田中の彫刻道場」

5/23 - 9/9

「彫刻の作り方がわからない」 そんな悩みをよく耳にします。作り方を知れば、彫刻が身近になり、もっと作品を楽しむことができるでしょう。 展覧会では、平櫛田中の作品を楽しみながら「彫刻の作り方」がわかり...

発掘された日本列島2018 新発見考古速報

6/2 - 7/22

近年、とくに注目された出土品を中心とした展示を構成し、全国を巡回させることにより、多くの方が埋蔵文化財に親しみ、その保護の重要性に関する理解を深める機会となる展覧会を開催します。

東京都 墨田区江戸東京博物館
W

WAVES IN BLOOM

6/1 - 8/23

NYダウンタウンのニューウェーブを多彩に表現 ストリートカルチャーのパイオニアSABIOの日本初個展

東京都 渋谷区DIESEL ART GALLERY

第71回企画展「負けることの尊さ」

6/5 - 9/30

本展は作品の中核にある「負けることの尊さ」について、様々な作品を通して紹介するものです。

森村泰昌の絵画館―MoriP100プロジェクト/モリムラが手がけるマルチプルアートの新機軸―

6/9 - 6/24

マルチプルを解釈する森村の視点の中にある、美術史への批評とアンチテーゼ、そして遊び心が、ひとつひとつのアイテムの中に盛り込まれています。森村の手掛けるマルチプルアートの新機軸、ぜひ会場でお手に取っ...

東京都 渋谷区NADiff

鵜飼

6/12 - 9/2

東京都 青梅市玉堂美術館

近くへの遠回り―日本・キューバ現代美術展 帰国展

6/6 - 6/17

本展では、近さと遠さの感覚が揺さぶられるようなキューバを舞台として、距離にまつわる諸関係を見つめ直しながら、日本とキューバの現代に生きる作家たちがさまざまな交流やリサーチを経てキューバで発表した作...