日付で絞り込む

2019/4
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
2019/5
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2019/6
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
2019/7
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

都道府県で絞り込む

5/13 @ 東京都

「映画を塗る仕事」展

11/17 - 11/11

本展示では、両監督が表現してきたもの、そのこだわりを彩色の面から解き明かしたいと思います。 特に、両監督を支えた色彩設計の故・保田道世さんの手腕を、当時のセルを用いて紹介します。

藝大コレクション展 2019

4/6 - 6/16

第1期:2019年4月6日(土) - 5月6日(月・休)第2期:2019年5月14日(火) - 6月16日(日) 1期、第2期ともに、いわゆる「名品」として知られる作品をご覧いただくだけでなく、「Collection in Focus」と題した...

国立西洋美術館開館60周年記念 ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代

2/19 - 5/19

本展はル・コルビュジエと彼の友人たちの美術作品約100点に、建築模型、出版物、映像など多数の資料を加えて構成されます。

福沢一郎展 このどうしようもない世界を笑いとばせ

3/12 - 5/26

「謎めいたイメージ」の中に知的なユーモアをまじえ、社会の矛盾や人びとの愚かさを諷刺的に笑いとばした福沢の多彩な画業を約100点の作品で振り返ります。

みつをの文字力

1/29 - 5/26

本展は、敢えて言葉ではなく、文字が持っている独自の力に焦点を合わせた企画展となります。

京都国立近代美術館蔵 世紀末ウィーンのグラフィック -デザインそして生活の刷新にむけて

4/13 - 6/9

本展は、京都国立近代美術館所蔵の約300件にのぼる膨大なグラフィック作品のコレクションを中心に、同じく平明氏旧蔵のリヒャルト・ルクシュによる石膏彫像と貴重なアドルフ・ロースの家具一式を加え、世紀末ウィ...

ラスキン生誕200年記念 ラファエル前派の軌跡展

3/14 - 6/9

ラスキンの生誕200年を記念する本展には、かれが見いだし、当時のアート・シーンの中心へと引き上げた、前衛芸術家の作品がつどいます。

松岡コレクション 元気な文様たち 五彩・青花を中心に

2/20 - 6/1

館蔵 日本画 伝統芸能と音色の響き古代エジプトの女性と女神

東京都 港区松岡美術館

ヨーロピアン・モード

3/11 - 5/17

宮廷が流行を生み出した18世紀のロココ時代から、産業の発達や社会の成熟とともに変化する19世紀を経て、若者や大衆が流行の担い手となった20世紀末まで、ヨーロッパを発信元とする約250年の女性モードの変遷を、...

東京都 渋谷区文化学園服飾博物館

特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」

3/26 - 6/2

本展は、空海にまつわる数々の名宝をはじめ、東寺に伝わる文化財の全貌を紹介するものです。空海が作り上げた曼荼羅の世界を体感できる講堂安置の21体の仏像からなる立体曼荼羅のうち、史上最多となる国宝11体、...

東京都 台東区東京国立博物館

シャルル=フランソワ・ドービニー展 バルビゾン派から印象派への架け橋

4/20 - 6/30

本展覧会では初期から晩年まで、ドービニーによる作品約60点、ならびにコロー、クールベ、ドーミエ、デュプレ兄弟、息子のカールといったドービニー周辺の画家たちによる作品約20点を展示いたします。

企画展「平櫛田中と収集 ―新収蔵作品初公開―」

2/27 - 5/19

展覧会では、平櫛田中の「収集」活動をテーマに、坂本氏とのゆかりの古美術品をはじめとした「平櫛田中コレクション」を紹介します。

藪野健 時空散歩

4/4 - 5/19

本展は、半世紀に渡り、画家 藪野健が歩き見つめてきた東京、そして東日本大震災の前後に巡った東北を舞台に、「町・都市」との対話に注目するもの。

Gallery 1 『変える。 エンツォ・マーリと“栗の木プロジェクト”』展 ―永井敬二コレクションより―

4/4 - 7/21

本展では、1本目の栗の木 を植える試みとしてエンツォ・マーリの仕事の根っこをご紹介します。そこから、ゆっくりと大きく枝葉が伸びていく姿 を想像しながら。

Gallery 2『言葉からはじまるデザイン 栗の木プロジェクト』展

4/4 - 6/23

栗の苗を植え、その成長を慈しみながら育てると、 やがて木は木陰を作り、 実りをもたらし子孫を残し、 そして道具や家具や家となり、 その時々で人の暮らしを支えていきます。 そんな活動を、デザインを通してそ...

東京都 中央区ATELIER MUJI

特別展「江戸の街道をゆく~将軍と姫君の旅路~」

4/27 - 6/16

本展覧会では、将軍の上洛と日光社参、姫君たちの江戸下向に関わる資料を通して、「江戸の街道」における旅路をたどります。

東京都 墨田区江戸東京博物館

白石の和紙~紙布・紙衣を中心に~

3/16 - 6/9

本展では、白石の和紙の歴史や製法と、一度は衰退したその伝統を復興させ、今につなげた奥州白石郷土工芸研究所の活動の一端を、紙布・紙衣を中心にご紹介いたします。

東京都 北区紙の博物館

春の特別展「実篤がみた女性たち」

4/27 - 6/9

展示では実篤が残した手紙や自伝小説、当時の新聞記事などから実篤の活動のキーパーソンとなった女性たちをご紹介するとともに、文学と美術の側面からその女性観を探ります。

生誕100年 佐藤多持展~水芭蕉曼陀羅/果てしなき運動体~

4/2 - 6/30

本展は、初期~60年代を通期、前期展は70~80年代、後期展は90年以降を中心とし、《水芭蕉曼陀羅》と、ドローイングや色紙、初期作品ほか写真・画材など 関連資料により、生涯の芸術表現の変遷を辿ります。