『稲沢市荻須記念美術館』の展示会情報

稲沢市荻須記念美術館

稲沢市荻須記念美術館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『稲沢市荻須記念美術館』の展示会情報

平成29年度特別展   荻須高徳展     ~全コレクションによる~

17/10/28 - 17/12/10

平成29(2017)年は荻須が渡仏した1927年から90年目を迎えることにちなみ、当館でこれまで収集した所蔵品計約200点を展示して荻須の画業を見渡せる機会を提供します。 作品の多様な表現を紹介し、その魅力を改め...

パリに生きる パリを描く -М氏秘蔵コレクションによる-

16/10/29 - 16/12/11

今回の展覧会では、没後30年にあたる荻須高徳の作品を中心に、日本近代芸術家たちの眼にパリがどう写ったのかを、四半世紀にわたり同テーマで収集された個人の秘蔵コレクション約70点と共催3館の所蔵品により紹介...

磯野宏夫展 -生命・緑の輝き-

15/7/18 - 15/8/16

今回の展覧会ではライフワークとしての作品と、教科書やゲームソフト「聖剣伝説」、大手企業のポスターなどの仕事で手掛けた作品とをあわせ、点描による色彩豊かなアクリル画約60点により、その魅力を紹介します。

平成26年度特別展  小磯 良平展

14/10/25 - 14/12/7

今回の展覧会では、小磯良平の美術学校時代から晩年までの油彩画、版画、素描など約40点により、その魅力を紹介します。

日本画家が描いた西洋風景展 −滞欧作を中心として−

13/10/26 - 13/12/8

明治以降に欧州へ渡った日本画家たちが、西洋の風景や風俗を描いた作品を一同に会することで、画家の個性を超え、日本と西洋の美意識が交錯するさまをご紹介します。

特別展 ジョルジュ・ルオー展

12/10/27 - 12/12/2

今回の展覧会では、風景を生涯のモチーフに選んだ荻須高徳が人物を多く描いたルオーの作品に魅了されていた一面を基に、銅版画ミセレーレを中心として表情豊かな作品の数々からその魅力を紹介します。

生誕110年記念 荻須高徳展    〜憧れのパリ、煌めきのベネチア〜

11/10/29 - 11/12/18

文化勲章受章の洋画家、荻須高徳(1901-1986)の生誕110年を記念し、生涯のテーマともいえる2つの古都、パリとベネチアなどを描いた代表作90点を紹介します。

平成22年度 特別展彫刻 高田博厚展−人の内に在るもの−

10/10/23 - 10/11/28

ふたりがフランスで体感した芸術、そこから確立していった作風を感じてもらうと伴に、「彫刻」作品の持つヴォリューム感や高田が制作した肖像の表情から平面ではない立体の面白さや美しさをご紹介します。

美術を遊ぶ展

09/10/24 - 09/11/29

今回は「美術を遊ぶ展」として、この地域に制作活動の拠点を置き、当館で美術講座の講師を担当した30代後半の若手作家3人を紹介します。

荻須高徳展〜新収蔵品と寄贈リトグラフを中心に〜

08/11/22 - 08/12/14

当館は昭和58年に開館して以来、稲沢市で生まれパリで活躍した荻須高徳の画業を顕彰しており、開館25周年を迎えました。このたび、長年美術館の運営に協力をいただきながら平成19年3月パリで亡くなられた、故・荻...