『刈谷市美術館』の展示会情報

金魚絵師 深堀隆介展 平成しんちう屋

9/15 - 11/4

本展では、初期の立体作品から初公開となる新作インスタレーション《平成しんちう屋》を含む代表作約200点により、深堀隆介の世界を紹介する本格的な個展となります。絵画でありながら立体的な躍動感にあふれ、不...

刈谷市美術館

刈谷市美術館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『刈谷市美術館』の展示会情報

トヨモーター展 メイド・イン・刈谷のオートバイ物語

18/7/21 - 18/9/2

実用性を重視し、多様なモデルに発展した《トヨモーター》10年の軌跡を、貴重な実車、設計図、パンフレット、写真などで紹介。

怪談えほん原画展+稲生モノノケ録『ぼくはへいたろう』の世界展

18/4/21 - 18/6/3

怪談・怪奇モノの人気作家と実力派の画家がタッグを組んだ「怪談えほん」(岩崎書店発行)シリーズ。2011年に発行され、子どものみならず大人も恐れさせた絵本の原画を紹介します。

篠原有司男展 ギュウちゃん、“前衛の道”爆走60年

17/9/16 - 17/11/5

本展覧会では、ギュウちゃんの60年にわたる創作の軌跡を、絵画、立体、ドローイング、版画など約100点の作品と関連資料でご紹介します。

斎藤吾朗の描(か)けば描(か)くほど モナ・リザ模写から赤絵へ

17/7/22 - 17/9/3

この展覧会では、初期の《モナ・リザ》模写を含むこれまでの代表的な油彩画をはじめ、刈谷を題材した新作、愛知の祭りや風物を描いた版画など約60点を展示します。

描かれた大正モダン・キッズ 婦人之友社『子供之友』原画展

17/4/22 - 17/6/4

モダニズムの時代に花開いた幼年絵雑誌の軌跡を、原画150余点や同時代の雑誌などで辿り、その芸術性を紹介します。

しりあがり寿の現代美術 回・転・展

16/9/17 - 16/11/6

これまでの代表作に加え、様々なモノをひたすら回転させる新作インスタレーションを大規模に展示。美術館隣の茶室を埋め尽くす現場制作の墨絵も発表します。

没後10年 長新太の脳内地図展

16/7/23 - 16/9/4

ユーモアと驚きに満ちた絵本や漫画の原画、未公開資料などを紹介し、迷宮のように広がる奇想天外な発想の源に迫ります。

日本近代洋画の巨匠 和田英作展

16/4/23 - 16/6/5

西洋絵画を学び、堅実な写実表現で情緒ある日本的油絵の典型を確立した和田の画業を、初期から晩年までの代表的な油彩画、素描、下絵など約90点で振り返ります。

及川正通〈特大号〉展

15/9/19 - 15/11/8

『ぴあ』の代表作を中心に、初期グラフィック・デザイン、雑誌に連載された刺激的な劇画、新作などを紹介します。

イエラ・マリ展 ―字のない絵本の世界―

15/7/18 - 15/8/30

制作過程も交えながら、絵本原画や試作本など約150点を展示し、わずか8冊の絵本で忘れえない作家となったその仕事と知られざる生涯に迫ります。