『久留米市美術館』の展示会情報

未開催

久留米市美術館のコレクションing 九州洋画家相関図

2/13 - 3/25

開館後初めてのコレクション展示となるこのたびの展覧会では、久留米市美術館所蔵作品、石橋財団および個人等からの寄託作品合計約100点を、九州の洋画家たちの関係に注目し、ときに画家同士のエピソードなども交...

生誕120年 東郷青児展

11/23 - 2/4

本展では、これらの仕事と展覧会出品作の両方に目をくばり、互いの影響関係を検証しつつ、初期の前衛的な作風から、戦後人気を博したスタイルに至るまでの過程を探ります。

久留米市美術館

久留米市美術館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『久留米市美術館』の展示会情報

じっと見る ブリヂストン美術館収蔵作品より

17/7/29 - 17/11/5

今回の展覧会では、画家や彫刻家の熱いまなざしに注目して、石橋コレクションから選ばれた総数約130点の作品を「人物」「自然」「馬」「静物」「都市」「見えないもの」の6つのグループに分けて紹介します。

没後20年 特別展 星野道夫の旅

17/8/5 - 17/9/3

本展では動物写真の魅力だけでなく、星野がアラスカに魅せられることになったきっかけ、写真家としての取り組み、挑戦、葛藤など心の内面も紹介します。

夢の美術館—めぐりあう名画たち

17/6/3 - 17/7/16

今回の展覧会では、双方の美術館の改修工事を機に、普段はライバル関係とも言える2館の主要な作品が一堂に会し、フランス印象派から国内外の現代美術まで楽しめるまさに「夢のような」美術館が誕生します。

川端康成 美と文学の森

17/4/1 - 17/5/21

本展では、幅広い時代と分野にまたがる川端コレクションを紹介するとともに、川端という作家を通し美術と文学が交錯する様を明らかにする。

生誕140年 吉田博展

17/2/4 - 17/3/20

生誕140年を記念して開催するこの展覧会では、湿潤な日本の風景をみずみずしい感性で描いた水彩画や、雄大な高山美をとらえた油彩画、伝統的な技術に洋画の表現を融合した清新な木版画など、代表作を含む約230点...

久留米市美術館開館記念2016 ふたたび久留米からはじまる。九州洋画

16/11/19 - 17/1/22

九州に生まれた、あるいは九州にゆかりの65名の洋画家たちの作品約110点によって、明治から現代に受けつがれる洋画の流れをたどる展覧会。

久留米市美術館開館記念九州をあそぼう ダンボールアート遊園地 in くるめ 2016.11.19(土) ‒ 2017.01.22(日)

16/11/19 - 17/1/22

チャンピオンズ(テレビ東京)などでおなじみのダンボール王 岡村剛一郎が驚きの発想と技術によって生み出すダンボールアートの世界をご紹介します。

石橋美術館物語 1956久留米からはじまる。

16/7/2 - 16/8/28

石橋美術館という名称での最後の展覧会となる本展では、60年の活動を石橋財団コレクションでたどります。

特別展ウィーン美術史美術館所蔵 風景画の誕生

16/4/2 - 16/6/12

オーストリア・ハプスブルク家のコレクションを基礎としたウィーン美術史美術館所蔵の絵画70点により、美術の歴史のなかで、どのような過程を経て「風景画」が誕生したのかをたどる展覧会です。

コレクション展示石橋美術館 古美術の世界

16/1/23 - 16/3/21

国宝の因陀羅《禅機図断簡 丹霞焼仏図》や、雪舟《四季山水図》(重要文化財)など、コレクションの主軸となる作品を、20年の展示活動とともに紹介します。