『群馬県立館林美術館』の展示会情報

未開催

カミナリとアート 光/電気/神さま

7/15 - 9/3

「雷」というテーマから、日本画、洋画、彫刻、工芸、写真、映像、インスタレーションなど、幅広い美術作品を楽しむ機会となれば幸いです。

京都のみやびとモダンー京都国立近代美術館所蔵 日本画・工芸名品展ー

4/22 - 6/25

前期後期合わせて73名の作家による約120件の名品を通し、長い伝統に裏打ちされた美意識とともに、近代特有の清新な感性も堪能していただければ幸いです。巨匠たちによる日本画・工芸の傑作が豪華競演する貴重な機...

群馬県立館林美術館

Loading...
Loading...

群馬県立館林美術館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『群馬県立館林美術館』の展示会情報

清宮質文ち版画の魅力

17/1/4 - 17/4/2

本展では摺りが生み出す複雑な色調が特徴の木版画や、深い詩情の世界へと誘うガラス絵などを通して清宮の魅力に迫ります。

大地に立って空を見上げて 風景のなかの現代作家

16/10/8 - 16/12/4

本展は、当館をとりまくこの風景を舞台装置として、自然のなかに身を置き、風景へとまなざしを向け、大地にイマジネーションを託す9人の作家をとり上げます。

再発見!ニッポンの立体

16/7/16 - 16/9/19

本展ではジャンルを超えた多彩な造形表現によって日本固有の美意識を探ります。

絵本・動物・地球展

16/4/16 - 16/6/26

種をこえて出会い、いのちといのちを響かせ合う動物たちの豊かな世界をお楽しみください。

ガンドゥール美術財団の至宝 古代エジプト美術の世界展ー魔術と神秘ー

16/1/5 - 16/3/21

石碑やレリーフ、アミュレット(お守り)、宝飾品などの貴重な作品の数々を通して、古代エジプト美術の世界をお楽しみ下さい。

舟越桂 私の中のスフィンクス

15/9/19 - 15/12/6

本展覧会では、初期から最新作までの流れをふまえつつ、自由な発想が生んだ異形の姿が展開する創造の醍醐味を、彫刻、素描、版画あわせて約70点によって紹介します。

リサ・ラーソン展  ~北欧スウェーデンより、ネコや鳥や少女の陶芸~

15/7/18 - 15/8/30

作家とスウェーデン随一のリサ・ラーソン作品のコレクターの協力のもと、1点もののユニークピースやグスタフスベリ・ファブリカでの代表的なプロダクト作品、約230点を展示する国内初の本格的な展覧会です。

山名文夫とアール・デコ ー資生堂スタイルの確率者ー

15/4/25 - 15/6/28

山名文夫(1897~1980)の作品世界を、アール・デコ様式という切り口から紹介する展覧会です。

ダイアローグー対話するアート

14/12/20 - 15/4/5

目的や前提にとらわれないコミュニケーションの方法でもある「対話」は、アートにおいても、それを枠組から解放し、新たな輝きを与えるきっかけとなることでしょう。

ペルシアのきらめき

14/9/20 - 14/11/30

時空を超え無軌道に走り回った東西美術交渉の曲線を手繰り寄せてゆきます。同時開催コレクション展示「近現代の彫刻Ⅲ」彫刻家のアトリエ[別館] フランソワ・ポンポン関連資料より-ポンポンの手帳- 。