『尾道市立美術館』の展示会情報

生誕130年記念 旅する文人 小林和作(市制施行120周年記念展)

9/22 - 11/18

本展は、小林和作生誕130周年の記念すべき年に、小林和作を尾道に訪れた文人として捉え、「萬巻の書を読み 萬里の道を行く」という文人の理想の旅を、尾道を拠点に実践した小林芸術の展覧を通じて、人間・小林和...

尾道市立美術館

尾道市立美術館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『尾道市立美術館』の展示会情報

折元立身-昔と今

18/8/4 - 18/9/16

これまで観る機会の少なかった昔の作品から日常で生み出されたユニークで愛情溢れる今の作品までの展覧を通じて、折元立身は、あなたにコミュニケートします。

浮世絵づくし にゃんとも猫だらけ

18/3/17 - 18/5/6

平成29年度尾道市立美術館コレクション展Ⅱ「尾道市名誉市民・小林和作を中心に」

17/11/3 - 18/1/14

本展では、当館所蔵の作品の中から小林和作の日本画を始め、代表作の油彩画と共に、その元となった水彩画も併せて展示します。その他、当館コレクションの代表的な作家と作品を展覧します。

現代アート、はじめます。― 草間彌生 から さわひらき まで

17/9/16 - 17/10/22

本展は、国内の現代アートコレクターを代表する高橋龍太郎氏、田口弘氏の膨大なコレクションを中心に、高橋コレクションの原点である草間彌生の作品をはじめ、展示室ごとのテーマに沿って厳選された絵画・彫刻・...

絵本原画と忍術の秘密 忍たま乱太郎ミュージアム

17/7/22 - 17/9/3

展覧会では、作者の尼子騒兵衛さんによる絵本原画や貴重な忍者道具コレクション(刀、手裏剣、火縄銃など)を楽しく展示。さあ、ゆかいな忍たまと忍者の世界へ、ぜひ遊びに来てください!!

招き猫亭コレクション 猫まみれ 展

17/3/18 - 17/5/7

本展では、猫を愛する美術コレクター「招き猫亭」のコレクションより、スタンラン、ビアズリーら西洋の画家たちが描いた猫、歌川国芳ら浮世絵の中の猫、竹久夢二、レオナール・フジタ(藤田嗣治)、椿貞雄、猪熊...

北海道の大地から~神田日勝展

16/11/19 - 17/1/15

本展は、北海道の大地から生命の根源を読み取ろうとした神田日勝の画業を神田日勝記念美術館、北海道立近代美術館のコレクションで構成しようと企画したものです。

尾道市立美術館コレクション展「没後60年 楠 瓊州を中心に」

16/10/8 - 16/11/6

本展は、瓊州の代表作である「菊花図(屏風)」をはじめとする所蔵品の展覧を通じて、没後60年を節目に、今一度その画業を顕彰しようとするものです。

「写楽と豊国 役者絵と美人画の流れ」展

16/8/20 - 16/10/2

本展では、写楽と豊国を軸にした寛政期の浮世絵を出発点として、幕末にいたる歌川派の役者絵と美人画の流れを展示いたします。

岩合光昭写真展~ねこ~

16/6/25 - 16/8/14

『岩合光昭写真展~ねこ~』は、岩合光昭が40年以上に及ぶ写真家人生の中で、撮り続けてきた猫たちを一堂に集めた展覧会です。