『ふくやま美術館』の展示会情報

「開館30周年記念 岸田劉生展 -実在の神秘、その謎を追う-」

9/15 - 11/4

本展では、ポスト印象派の影響を受けた《B. L.の肖像(バーナード・リーチ像)》、「実在の神秘」を表現した《壺の上に林檎が載って在る》、東洋美術のミステリアスな表現を追求した《二人麗子図(童女飾髪図)》...

ふくやま美術館

ふくやま美術館のレビュー(レポ・口コミ) ★★★★★ 5.01

クリックして1票!10
★★★★★5

とても感動的な作品を見ることができて光栄です!

ggさん(Windows 10、Chrome、plala.or.jp)2017年8月14日09:43この投稿にコメント削除依頼
レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『ふくやま美術館』の展示会情報

魔法の美術館 ―光と遊ぶ超体験型ミュージアム―

18/7/14 - 18/9/9

この展覧会の主役は、あなた自身です。いずれも「見る」だけではなく、作品と対話し、体験する中で、魔法の世界にいるような不思議な感覚を与えてくれることでしょう。

若冲と京(みやこ)の美術 ―京都細見コレクションの精華―

18/4/14 - 18/6/10

本展では、その貴重なコレクションの中から、若冲の最初期の作品《雪中雄鶏図》と《糸瓜群虫図》をはじめとする15点を紹介するほか、本阿弥光悦や俵屋宗達の色紙、断簡、重文の《明恵上人仮名消息(井上尼宛)》...

日本画モダニスト 堂本印象と門下の精鋭たち展

18/1/13 - 18/3/4

本展は、京都府立堂本印象美術館の所蔵品から49点を選び、堂本印象の多岐にわたる業績を紹介するだけでなく、三輪晁勢、山本倉丘、堂本元次、岩澤重夫ら東丘社の門人たちの作品8点、および昭和19(1944)年に東...

「マリメッコ展 ―デザイン、ファブリック、ライフスタイル」

17/9/16 - 17/11/26

本展は、ヘルシンキのデザイン・ミュージアムの所蔵作品から、マリメッコの60年以上にわたる歴史や個性あふれるデザイナーの仕事とインタビュー映像、貴重なヴィンテージドレスを中心とした作品の数々、本社工場...

「生誕120年 東郷青児展 抒情と美のひみつ」

17/7/8 - 17/9/3

本展では、1920年代から1950年代までの作品を中心に、彼が30~50歳代に何を志向し、どのような活動をしたのか、制作において何を成そうとしたのかなど、人気を博した女性像にいたる表現プロセスを探るものです。

篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN

17/4/8 - 17/6/11

圧倒的な迫力をもつ本展は、「日本が歩んできた時代を、日本人の自信、すごさを共有したい」という篠山紀信のメッセージを体感できるまたとない機会となるでしょう。

「驚きの写実絵画 –ホキ美術館名品展-」

17/1/21 - 17/3/12

本展では、ホキ美術館コレクションより、野田弘志・森本草介・中山忠彦といった写実の第一人者から中堅若手までの作家27名による作品70点を、中国地方で初公開。絵画でありながら実物を見ているような、あるいは...

「ミケランジェロ展 万能の天才の秘密」

16/9/18 - 16/11/6

本展により、システィーナ礼拝堂の壮大な天井画を描き、ラウレンツィアーナ図書館などの名建築を残した「神のごときミケランジェロ」の天才の秘密が明らかとなるでしょう。なお福山は日本巡回展の最終会場となり...

原安三郎コレクション  広重名所江戸百景・六十余州名所図会を中心に

16/7/16 - 16/9/4

葛飾北斎《冨嶽三十六景》、歌川国芳《東都名所》など、前後期あわせて230点余によりご堪能いただくものです。

皇妃エリザベートも愛した名陶 ヘレンド展

16/4/16 - 16/6/19

本展は、ブダペスト国立工芸美術館やハンガリー国立博物館などからの陶磁器約200点で構成、開窯から今日に至るまでのヘレンド芸術を概観します。