『札幌芸術の森美術館』の展示会情報

札幌美術展 五十嵐威暢の世界

10/6 - 11/25

本展では、デザイナーとしての原点である1973年の個展から彫刻家としての現在までの仕事の変貌を示すポスター、プロダクト、彫刻、約150点が一堂に会します。

札幌芸術の森美術館

札幌芸術の森美術館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『札幌芸術の森美術館』の展示会情報

ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜

18/7/28 - 18/9/24

ピーテル1世からひ孫のアブラハムらに至る4世代の画家たちと同時代のフランドルの画家たちが描いた宗教画、風景画、風俗画、静物画など多岐に渡る作品から、一族に脈々と受け継がれた画家の魂を感じ取っていただ...

北海道陶芸会50周年記念「陶・創造者たち―北の大地と共に―」

18/6/23 - 18/7/16

本展覧会では、会員の全力を注いだ作品に加え、2004年より交流のあるオレゴン陶芸家協会(OPA)会員、国内招待作家、道内各地で行ったワークショップ「アートポール」作品も併せて展示いたします。

リサ・ラーソン展 〜スウェーデンのすてきな芸術一家〜

18/4/1 - 18/6/10

本展は、2016年にロェースカ美術工芸博物館(スウェーデン・ヨーテボリ)で開催された「リサ・ラーソンの作陶60年」展の出品作品をベースに、初期から近年に至る代表作をテーマ別に展示します。

芸森の名品II 学芸員がつなぐ 名品のともしび

18/3/10 - 18/3/25

札幌芸術の森美術館学芸員イチオシの収蔵品と、2010年の第一回以降新たに加わった新収蔵品を多数展示。いつもは野外にある彫刻作品も展示室にやってきます。

新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで

18/1/3 - 18/2/25

本展覧会は新海誠監督のデビュー15周年を記念し、その軌跡と作品を、貴重な制作資料である絵コンテ、設定、作画、美術、映像などをはじめ、世界観を体験できる造形物などの展示を通じて紹介します。

現れよ。森羅の生命― 木彫家 藤戸竹喜の世界

17/10/14 - 17/12/17

本展では、熊や鹿の俊敏な動きをとらえた初期作から、アイヌ民族の歴史と威厳をモニュメンタルに伝える等身大人物像まで、70年にわたる創作活動の軌跡をふりかえります。

N

「NEW LIFE : リプレイのない展覧会」

17/8/6 - 17/10/1

札幌国際芸術祭2017札幌芸術の森会場は、点在する建物とともに、野外美術館も含めた広大な森全体を使って展開します。

月光ノ絵師 月岡芳年

17/6/3 - 17/7/23

質、量ともに世界屈指を誇る西井正氣の芳年コレクションから版木など約150点を選りすぐり、最後の浮世絵師として、また近代絵画の先駆者として芳年の画業を振り返る。

札幌美術展 旅は目的地につくまでがおもしろい。

17/4/8 - 17/5/28

日常を離れ、知らないどこかに行くということへの期待と少しの不安が入り交じる、その感情の揺れ動きは、むしろ目的地に着いてからよりも、その前段階でのほうが大きいかもしれません。本展では旅のこうした部分...

札幌美術展 柿﨑熙 ―森の奥底―

17/1/28 - 17/3/26

本展では、初期の平面、立体作品のほか、代表作である「林縁から」を中心に約60点を一堂に展示し、今なお深化を続ける柿﨑芸術に迫ります。