『神田日勝記念美術館』の展示会情報

「開館25周年記念展  ―《室内風景》を巡る、これまでとこれから」

6/12 - 9/2

このたびの記念展は、日勝の画業の集大成とされる《室内風景》を巡って、その作品誕生への軌跡や影響関係をたどるとともに、当館25年の歩みを振り返る機会としたいと思います。

神田日勝記念美術館

神田日勝記念美術館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『神田日勝記念美術館』の展示会情報

ある日見上げるとりんごが笑っていた―カワシマトモエWORKS

17/10/3 - 17/11/5

ひつじの中に宇宙があったら。 雨のドアがあったら。 ありふれている日常の光景から、ふと違うチャンネルで物事を切り取る。 そんな作品づくりをお楽しみください。

「燃え上がる大地―神田日勝」展

17/4/25 - 17/7/9

本展では初の試みとして、これまであまり光の当たらなかった画家の後年2年間の作品群を全て集めて並べ、新たな日勝像の構築を試みます。

尾道市立美術館名品展 小林和作とその周辺

16/11/26 - 17/1/9

本展では、独立展を活動の舞台とした尾道ゆかりの画家・小林和作を中心に、小林が師と仰いだ梅原龍三郎や中川一政、また独立展の創立会員・清水登之ら、大正から昭和初期の洋画界を牽引した神田日勝の先達たちを...

板東優 透明な闇

16/9/13 - 16/10/16

「破壊」や「造形」など近年制作されたブロンズ、木彫の大作を屋内外に展示し、展示室内では神田日勝の絵画と板東の彫刻の競演が見られます。十勝では初披露の作品群にご期待ください。

畑山昇麓コレクション・撰

16/8/9 - 16/8/28

萬鉄五郎記念美術館(岩手県)が収蔵する、畑山の鑑識眼により蒐集された作品の中から、友人である松本竣介を筆頭に選りすぐりで展示しております。

「神田日勝と北海道の独立美術」

16/5/10 - 16/7/3

神田日勝(1937-1970)の独立展(独立美術協会展)出品作を中心に、同時代に活躍した北海道ゆかりの独立の作家の作品をご紹介します。

堀越千秋展 「西の国から」

16/4/19 - 16/5/8

ANA機内誌「翼の王国」表紙画も手掛ける作家の作品群から、『画廊香月』の香月人美オーナーが選抜した展覧会。

平成27年度 特別企画展「神田日勝と全道展」

15/10/20 - 15/12/6

自己の表現世界を切り拓いていく作家達の熱気と、どこか混沌とした時代のエネルギーを感じていただければ幸いです。

池田龍雄展 『我が心のなかのメルヴェーユ』

14/12/9 - 14/12/23

画廊香月の香月人美オーナーが選抜した展覧会。

特別企画展「神田日勝の造形思考」

14/10/21 - 14/12/7

当時の美術潮流をたどり、1960年代に制作した神田日勝の作品と比較しつつ、日勝の造形思考について考察します。