『伊丹市立美術館』の展示会情報

collection1ゴヤ、理性のねむり“ロス・カプリチョス”にみる奇想と創意

10/6 - 12/24

聖と俗、美と醜、理性と狂気ーー残酷な現実と魅惑的な空想とが渾然一体となったゴヤの芸術をご堪能ください。

伊丹市立美術館

伊丹市立美術館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『伊丹市立美術館』の展示会情報

みんなのレオ・レオーニ展

18/8/11 - 18/9/24

本展では、ヨーロッパとアメリカを移動し続けたレオーニの波乱の生涯と重ね合わせながら絵本原画を紹介するほか、アート・ディレクターとしての仕事、絵画、彫刻など幅広い活動を約200点の作品で紹介し、レオーニ...

シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン展

18/6/16 - 18/7/29

本展ではこれまでの作品を振り返り、200冊を超えるペーパーバック、約40点のデザイン原画やスケッチ、ミッフィーやボリスなどの絵本原画約30点にポスターの複製などを加えた約500点を展示し、ブルーナの「シンプ...

ニューヨークが生んだ伝説 写真家 ソール・ライター展 Photographer Saul Leiter : A Retrospective

18/4/7 - 18/5/20

「私たちが見るものすべてが写真になる」というライター自身の言葉にもあるように、日常のなかで見過ごされがちな一瞬のきらめきを天性の色彩感覚でとらえ、「カラー写真のパイオニア」と称された伝説の写真家の...

コレクション2 しかめっつら ドーミエ流パリっ子図鑑

18/1/13 - 18/2/25

本展では、醜さをも魅力に変えた風俗諷刺約100点を4つの連作を通してご紹介します。ドーミエの面目躍如たる人物表現をご堪能ください。

開館30周年 絵本のひきだし 林明子原画展

17/11/3 - 17/12/24

本展では、林さんの代表作『はじめてのおつかい』『こんとあき』から最新作『ひよこさん』までの絵本原画のほか、 林さんがイラストレーターとして活動していた時の貴重な作品や、角野栄子さん作『魔女の宅急便』...

並河靖之七宝展―明治七宝の誘惑・透明な黒の感性―

17/9/9 - 17/10/22

本展では、並河の七宝作品や下絵、資料など約110点を一堂に集め、草花や蝶など華やかで美しい世界観を紹介します。

OJUN × 棚田康司「鬩(せめぐ)」

17/7/8 - 17/8/27

新作を含む約100点の展示や公開制作など、日本現代美術を牽引する両作家の共演をお見逃しなく。

コレクション1 イメージの庭

17/4/8 - 17/5/28

春のコレクション展では、近年の新収蔵品を中心に、まさにイメージが立ち現れる瞬間を強く想起させる作品群をご紹介します。脳裏に揺らめくイメージの饗宴をご堪能ください。

しりあがり寿の現代美術 回転展

17/1/14 - 17/3/5

美術館での初の本格的な個展となる本展では、しりあがりがここ数年強く関心を抱く「回転」をテーマに、 新旧の作品を織り交ぜながら、マンガという枠に収まらない表現者としてのしりあがり寿像に迫ります。

COLLECTION 2 再発見!小寺鳩甫展

16/11/12 - 16/12/18

諷刺漫画雑誌「大阪パック」の主筆を務め、大正・昭和に活躍したマンガ家・小寺鳩甫(1889-1962)。後半生を伊丹で暮らした小寺の新出作品の屏風やスケッチ等を展示。