『西宮市大谷記念美術館』の展示会情報

追悼特別展 高倉健

4/7 - 5/27

展覧会では横尾忠則、森山大道による、高倉健をモチーフとした作品とともに、出演作205本のすべてから抜粋した、高倉健出演場面の映像を紹介します。

西宮市大谷記念美術館

西宮市大谷記念美術館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『西宮市大谷記念美術館』の展示会情報

没後50年 藤田嗣治 本のしごと -文字を装う絵の世界- Léonard Foujita Private on Works

18/1/13 - 18/2/25

本展では戦前のフランスで発行された藤田の挿絵本、1930年代から40年代の日本での出版に関わる仕事、1950(昭和25)年フランスに移住した後の大型豪華本の挿絵などの「本のしごと」を中心に、絵画や版画といった...

美術館×植物!? アートで植物採集

17/10/7 - 17/11/26

本展では、日本画、洋画、陶芸といったジャンルにこだわることなく、「植物のかたち」「季節と植物」「植物とくらす」の3つのテーマによってコレクションを紹介し、美術における植物の役割や、どのように植物が表...

2017 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展

17/8/19 - 17/9/24

見応えある各国の入選作品を西宮市大谷記念美術館で、是非お楽しみください。

生誕120年 伊藤慶之助展

17/5/13 - 17/7/30

滞欧作を中心とした所蔵品の代表作と、2016年度の新収蔵作品2点に、未公開資料を交えた約20点により、大正そして昭和の洋画壇で半世紀以上にわたり活躍した画家の足跡を振り返ります。

西宮の狩野派 勝部如春斎  18世紀摂津の画人列伝

17/4/1 - 17/5/7

これまで”山本”如春斎として知られてきた郷土の画人の、主要な作品50点余りを一堂に会し、その画業を美術館で初めて紹介いたします。

新収蔵品展 松谷武判・正延正俊・二見彰一    <併催> 館蔵品展 近代絵画 −日本・フランス−

17/2/25 - 17/3/20

2015(平成27)年度に新たにコレクションに加わった油彩画、版画など3作家の19点を紹介します。  併催の館蔵品展では、フランスと日本の近代の油彩画を中心に約20点を展示します。

日本画にみる  四季のうつろい

17/1/2 - 17/2/12

当館では毎年1月2日から2月にかけて、日本画のコレクションを紹介する展覧会を開催しています。このたびは「四季のうつろい」をテーマに、春夏秋冬の美しさを描いた作品約50点を展示します。日本画コレクションの...

マリメッコ展 ーデザイン、ファブリック、ライフスタイル

16/10/8 - 16/11/27

本展は、ヘルシンキのデザイン・ミュージアムの所蔵作品から、ファブリック約50点、貴重なヴィンテージドレス約60点、デザイナー自筆のスケッチ、各時代の資料などを通して、マリメッコの60年にわたる歴史をたど...

2016 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展

16/8/20 - 16/9/25

今年もそのすべての入選作を展観するとともに、開催50回を記念して、特別展示「ボローニャ展50年の歩み」を開催します。

川村悦子展−ありふれた季節

16/6/11 - 16/7/31

本展では、代表作となっている蓮を描いたシリーズのほか、イタリアの古典絵画に取材した初期作品、東洋美術への接近を試みた屏風や掛軸、身近な草花に目を向けた近作群、そして「ありふれた季節」と題した新作の...