『姫路市立美術館』の展示会情報

現在開催中の情報はありません。

姫路市立美術館

姫路市立美術館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『姫路市立美術館』の展示会情報

連作の小宇宙 ピカソの肖像画から大日本魚類画集まで

18/4/7 - 18/6/24

前後期に分けて約450点を展示いたします。

イメージを織る

18/2/10 - 18/3/25

本展は「コプト織の世界」「キリムからペルシャ絨毯へ」「西洋の綴織芸術」「明治期の綴織芸術-制作の過程から-」の4つのセクションからその芸術の魅力をご紹介するものです。

永井一正ポスター展

17/11/12 - 17/12/24

本展では、類まれなポスター芸術の世界を開拓した、永井一正の初期から最新作までのポスター作品500点余りを一堂に展観し、国境や世代を超えて人々に勇気とインスピレーションを与えるその創造の源泉に迫ります。

リアル写実のゆくえ  高橋由一、岸田劉生、そして現代につなぐもの

17/9/23 - 17/11/5

そこで本展は、移入されてから150年を経た写実表現がどのように変化し、また変化しなかったのか、日本独自の写実が生まれたのか否か、を作品により検証します。 明治から現代までの写実絵画を展観することで...

杉浦さやか・井上ミノル展  イラストレーターと考える 暮らしの楽しみ

17/7/15 - 17/9/10

作家ごとに大きく会場を2つに区切り、杉浦さやか作品エリアのタイトルを「みちくさびより」、井上ミノルエリアのタイトルを「古今東西みてある記」として2つの個性あふれる世界を紹介します。

ユトリロ回顧展

17/4/8 - 17/7/2

出展総数80余点を展観する本展は、まさにユトリロの画業と人生を辿る大回顧展といえるでしょう。

ブリューゲル、レンブラント、ルーベンスバロックの巨匠たち

17/2/8 - 17/3/28

ティツィアーノからレンブラントまで、スペインからオランダまでの地域を越えた多彩な画家たちの歴史画、肖像画、風俗画などの作品約50点を通じて、17世紀絵画の魅力を紹介します。

鈴木其一江戸琳派の旗手

16/11/12 - 16/12/25

19 世紀前期の江戸において、江戸琳派の優美な画風を基盤にしながら、斬新で独創的な作品を描いた画家として近年大きな注目を集めています。その全容を捉え、豊穣な魅力を伝える初の大回顧展を開催します。

ジャンル・ペインティング再見画家を魅了した光景

16/9/3 - 16/10/23

ゴヤ、ピカソ、ミロや、小出楢重、鴨居玲らの作品を展示し、近代以降とりわけ注目されたこのジャンルの視点を通して、新たに見えてくる美術の姿を探ります。

ベルギー近代美術の精華展

16/7/2 - 16/8/25

姫路市立美術館の所蔵品を中心に、レアリスムからシュルレアリスムに至るベルギー近代美術の流れを展示いたします。