『茨城県天心記念五浦美術館』の展示会情報

開館20周年記念 龍を描く-天地の気

10/25 - 11/26

空想上の存在である龍は、古くから決まった姿形で描かれてきました。近代以降、新しい日本画の創造を目指す画家たちは、この「龍」をどのように表現してきたのでしょうか。南北朝時代から現代まで龍を描いた名品...

茨城県天心記念五浦美術館

茨城県天心記念五浦美術館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『茨城県天心記念五浦美術館』の展示会情報

ひとのかたち~人物表現を味わう~

17/9/1 - 17/10/15

顔、体、仕草…日本画、洋画、彫刻などの美術作品において、人物はどのように表現されるのでしょう。優れた肖像作品や思わず視線の先を追いかけたくなる作品など、その多様な表現を紹介します。

三百六十度の世界 松本哲男展

17/7/15 - 17/8/27

自らを取り囲む「三百六十度の世界」を全身を使って感じ取り描き続けた日本画家、松本哲男の回顧展。グランドキャニオンや世界三大瀑布など壮大なスケールで地球上の大自然を描いた作品約40点を紹介します。

現代日本画の精鋭展

17/5/19 - 17/7/9

本展では第一線で活躍する画家による作品を展示し、多様化する表現の魅力を紹介します。

興福寺中金堂再建・法相柱柱絵完成記念「興福寺の寺宝と畠中光享展」

17/4/8 - 17/5/14

本展では、法相柱柱絵(祖師画)の完成を記念して、14点の祖師画を初公開するとともに、興福寺の寺宝や畠中光享の代表作・新作も展観します。

再興第101回院展 茨城五浦展「天心、大観の精神を受け継ぐ画家たち」

17/2/25 - 17/3/30

今回の茨城五浦展では、田渕俊夫、那波多目功一ら日本美術院同人の作品31点に加え、日本美術院賞、奨励賞、第22回天心記念茨城賞の受賞作品、さらには茨城県ゆかりの画家の作品等、あわせて66点を紹介いたします。

企画展「国際交流基金所蔵 海を渡った日本の名品」

17/1/19 - 17/2/19

独立行政法人国際交流基金は、古美術から現代アートにいたるまで、様々なジャンルの美術作品を国外で紹介する展覧会を行っています。本展では、その所蔵品の中から現代の日本画と陶芸の優品を紹介します。

KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭特別展示 チームラボ小さき無限に咲く花の、かそけき今を思うなりけりデジタルテクノロジーによる日本画再興の試み

16/9/17 - 16/11/20

本展は日本画や書、茶の湯をテーマに、チームラボの日本美術史参考作品を集大成し、天心が目指した東洋の美に、デジタル技術を用いて挑戦します。

佐久市立近代美術館の名作 日本画、新しき風にのせて

16/7/23 - 16/9/4

激動の戦後を生きた日本画家たちの創造と模索の軌跡、そして若き画家たちが21世紀に向って切り拓いている新しい表現の数々を、佐久市立近代美術館の名作約60点により紹介します。

企画展「箱根・芦ノ湖 成川美術館所蔵 平松礼二展 — 響きあう光と色彩」

16/4/23 - 16/6/12

本展は、平松作品の国内最大のコレクションを有する箱根・芦ノ湖 成川美術館の協力により、初期から近作までの大作を中心に約70点を展示し、その多彩な芸術を紹介します。

企画展「郷さくら美術館名作選 受け継がれる日本のこころ」

16/2/20 - 16/4/17

3つのテーマに分けて展示し、それぞれの画家の眼と心を通して表現された「受け継がれる日本のこころ」を紹介します。