『石川県立歴史博物館』の展示会情報

未開催

企画展「いしかわ中世のやきもの」

12/15 - 1/20

本企画展では館蔵の珠洲焼に加え、加賀焼をはじめとする県内のその他の窯の製品を紹介し、中世における加賀・能登の陶器生産に迫ります。

石川県立歴史博物館

石川県立歴史博物館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『石川県立歴史博物館』の展示会情報

平成30年度秋季特別展 「歌舞伎衣裳 綺羅をまとう」

18/9/22 - 18/11/11

本展では、金沢で現在確認できる唯一の歌舞伎衣裳として、芝居小屋「福助座(ふくすけざ)」とその興行師梅若(うめわか)ゆかりの衣裳約40点を公開します。

発掘された日本列島2018

18/8/4 - 18/9/9

日本各地で毎年約8000件の遺跡の発掘調査が行われています。この展覧会では、近年発掘された遺跡や調査成果のまとまった注目の遺跡を速報で展示します。

「ヱヴァンゲリヲンと日本刀」展

18/6/8 - 18/7/22

コラボ作品コーナー(全26点)をはじめ日本刀コーナーや500点以上のエヴァグッズ、本展オリジナルグッズも多数販売のエヴァストアなど見どころ満載!

春季特別展「明治維新と石川県誕生」

18/4/21 - 18/5/27

本展覧会では、幕末の動乱から戊辰戦争、維新の諸変革への対応、士族の民権運動や西南戦争・紀尾井町事件(大久保利通暗殺事件)などの士族反乱、さらに明治16年(1883)に現在の石川県域が確定する過程をたどり...

冬の企画展「仕事着が語るもの」

17/12/16 - 18/1/21

館蔵の染織品から、刺し子(さしこ)や裂織(さきおり)、自然布の仕事着、端切(はぎ)れを利用した衣類などを紹介し、くらしを支えた手仕事について考えます。

秋季特別展「禅の心とかたち ー總持寺の至宝ー」

17/9/16 - 17/11/5

今回總持寺の至宝を一挙公開。あわせて関連寺院の寺宝も多数紹介します。

夏季特別展 「イメージの力―国立民族学博物館コレクションにさぐる―」

17/7/22 - 17/9/3

本展覧会のねらいは、国立新美術館と国立民族学博物館の共同の試みとして、国立民族学博物館(以下みんぱく)のコレクションの中から世界各地の造形を精選し、人類の生み出すイメージの創造と享受のあり方に普遍...

初夏の企画展「描かれた都 -石川に伝わる洛中洛外図屏風たちー」

17/6/10 - 17/7/9

京都の都を描いた洛中洛外図屏風や、東山遊楽図屏風、祇園祭礼図屏風など、活気溢れる都の世界を初公開の品々を含み紹介します。

平成29年度 春季特別展「北前船と日本海海運」

17/4/23 - 17/5/17

江戸時代の物流を支え、年貢米の輸送にも活躍した北前船。石川県は地理的に重要な位置にあり、多くの人たちが船を操って全国を巡り、各地の産物や文化を運んでいました。その歴史を紹介します。

早春の企画展1「れきはくコレクション2016」

17/2/11 - 17/3/20

2016(平成28)年度中に新たに収蔵した資料をご紹介する展覧会です。