『萬鉄五郎記念美術館』の展示会情報

寺島貞志 戦後の歩み展

12/2 - 2/18

本展は2012(平成24)年に開催した戦前の活動に焦点をあてた「寺島貞志 ―青春のリアリズム―展」に次ぐ、戦後の活動を紹介する展覧会です。約100点の作品で寺島貞志の後半生をたどります。

萬鉄五郎記念美術館

萬鉄五郎記念美術館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『萬鉄五郎記念美術館』の展示会情報

橋本 正展ー記憶に残るかたち 忘れられない風景ー

17/9/23 - 17/11/26

没後20年を迎え、大規模な回顧展となる本展では、橋本正の多様な表現世界の全貌を明らかにし、そこに裏打ちされた彼の造形思考をひも解きたいと思います。

絵本文学の世界へ 葉 祥明 展

17/6/24 - 17/9/18

本展覧会では、約300冊の出版物の中から代表的な絵本原画を中心に、約150点で葉祥明の表現世界を紹介し、これまでの画業を見つめなおします。また、画風の変遷にスポットをあて、彼の表現の本質を探る新らたなア...

没後90年 萬鐵五郎 展 YOROZU Testugoro 1885-1927

17/4/15 - 17/6/18

萬鉄五郎記念美術館では、従来あまり注目されてこなかった、萬の南画(水墨画)制作に焦点を当て、萬の南画代表作100点とその関連作品を展覧し、造形や表現の変遷、同時代の油彩画との関連性などについて考察しま...

村上善男 展 〈没後10年〉北の磁場に釘を打つ―

17/2/25 - 17/4/5

本展では村上の没後10年の節目にあたり、その生涯の作品を展覧し、村上芸術の本質に迫ります。

光の詩人 内村皓一 展 ~白と黒の深淵~

16/12/3 - 17/2/19

本展では、内村の奉天時代の作品50点に、戦後サロンを中心に発表した女性像や「貌」シリーズをあわせ、初の大規模な回顧展として内村写真の全貌を辿り、これまであまり紹介されることのなかった郷土の美術家を検...

平面と立体を往還する北の異才 「杉村英一 Sugimura Eiichi」展

16/10/1 - 16/11/27

50年代の油彩画から、60年代のハンダ、トタン、ステンレスなどの金属を素材とした作品、70~80年代の鉛筆の作品や漆黒の箱シリーズ、晩年のブルーの平面作品まで、およそ100点を展示し、半世紀にわたり多様な才能...

小さな恋のものがたり みつはしちかこの世界 展

16/7/16 - 16/9/25

本展では『小さな恋のものがたり』を中心に『ハーイあっこです』『わたがしふうちゃん』など、これまでに描いたマンガ作品をたどりながら、彼女の活動を振りかえるとともに、マンガに込めた思いを探ってみたいと...

萬鉄五郎を解いて、見る。―観る・読む・語る 萬鉄五郎―

16/4/23 - 16/7/10

様々な視点から語られるエッセイを読み、それを手掛かりに作品を鑑賞していただくことで、萬鉄五郎を読み解く機会となればと考えています。

いわての立体造形 展

16/2/6 - 16/4/17

同時開催/岩渕 俊彦 展 crystal garden 結晶の庭

藤根與治郎・藤原八弥 兄弟展

15/12/1 - 16/1/31

與治郎が残した肖像絵画の民俗的な意義と、八弥が描いた懐かしい郷里の風景や郷土芸能を描いた作品を紹介し、藤根與治郎、藤原八弥という画家の活動とその表現の変遷をたどります。