『三宅美術館』の展示会情報

「椋鳩十と薩摩伝統工人たち」

1/7 - 2/27

椋鳩十著『薩摩伝統工人伝』で紹介されている薩摩焼をはじめとする鹿児島の伝統工芸の工人(作家、職人)とその技を受け継ぐ工人たちを作品と併せてご紹介します。

三宅美術館

三宅美術館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『三宅美術館』の展示会情報

坂田燦の「おくのほそ道」版画展 三宅美術館開館30周年企画展Ⅰ

17/7/30 - 17/10/31

坂田氏は27年前から「おくのほそ道」を辿り,芭蕉が詠んだ俳諧の心象風景を版画作品とすることをライフワークとしています。本展では今年の新作2点を含む50点を前後期に分けて展示いたします。

春の水彩画展

17/4/20 - 17/7/18

海老原喜之助,宮崎精一,矢澤一翠の人物画から前畑省三のフランスシリーズの風景画, 藤田嗣治,中間冊夫の海の生き物まで幅広い作品を収蔵品の中から,26点展示。 春の陽気のような温かな雰囲気の展示室にぜ...

花に彩られた焼物展

17/4/20 - 17/7/18

焼物展示室では,春らしく美しい花々に彩られた焼物を展示しています。 金襴豪華な白薩摩や磁器の平佐焼など焼物の華やかな共演をお楽しみください。

「山を描く」展

17/1/5 - 17/4/17

「海から生まれた作品展」

16/7/14 - 16/9/5

本展では海をモチーフとした作品や海から着想を得て生まれた作品などを展示します。

「鹿児島の土瓶」展

16/1/4 - 16/4/19

収蔵品の中から写真の長太郎焼の黒千代香をはじめ 平佐焼の磁器の猪牙(ちょか)まで21点を展示しています。

「郷土ゆかりの作家」展

15/9/12 - 15/12/22

後先人たちに倣って鹿児島の美術界をリードした作家たちとその作品をご紹介します。

「-与論を描いた画家-池田政敏展」

15/7/18 - 15/9/8

本展では初期から晩年までの油彩画を24点を展示いたします。

「女性を描く」展

15/4/23 - 15/7/13

当館収蔵作品の中から女性を描いた作品を19点展示。

寺尾作次郎展

14/10/30 - 15/3/24

作品の制作のみならず、鹿児島県工業試験場における薩摩焼の研究など 鹿児島の陶芸界に大きな功績を残した寺尾作次郎氏。逝去されて30年という節目の今年,当館所蔵の作品を全て展示致します。