『島田美術館』の展示会情報

眺めて愛でるスモールワールド 掌中の江戸

3/14 - 7/2

武士の美意識が強く反映された刀装具から、近世に入って飛躍的に多様化する装身具、小物など、江戸の武家社会における男女の身近に置かれた小さき道具を紹介します。

島田美術館

島田美術館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『島田美術館』の展示会情報

おもかげものがたり 山本太郎作品と館蔵品と

17/11/18 - 18/2/19

現在の熊本に伝わり、刻々と生まれ変容していく多層多様の物語が受け継がれていくことを願うばかりです。

お守り刀展覧会

17/9/27 - 17/11/6

強靭な武器という実用機能だけでなく、護符としての信頼を人々に感じさせる美しさを失わず、現代まで引き継がれてきた日本刀の伝統美の一端を鑑賞していただけることを願っています。

身を護る 名を残す 武の装い―甲冑―

17/7/5 - 17/9/18

武家の装いは時代を主張する奇をも加えた多様な形式と斬新な意匠を生み出していきます。太刀から打刀へ、長刀から槍へ、弓から鉄砲へに象徴される武器の変容への防具としての機能上の対応が、大鎧、腹巻、胴丸か...

肥後・熊本画壇の分かれ道ー近世から近代へー

17/4/1 - 17/6/19

とりどり

17/1/6 - 17/3/20

主に中、近世の武家社会の好みを通して、私たちの近い先人たちが親しい生きものたちに託した感嘆や願望、祈りなどの豊かな情感の羽ばたきにふれるささやかな機会ともなれば幸いです。

元禄赤穂事件と熊本

16/8/11 - 16/12/19

特別展「戦国無双の刀剣展 in 熊本」

16/6/10 - 16/7/31

胸中の 花卉・山水 ー肥後南画の大家 竹富清嘯

16/3/9 - 16/6/5

江戸後期の鳥獣画

16/1/2 - 16/2/13

まずは今年の干支にちなんで、江戸後期の鳥獣画の名手、猿の狙仙の「猿猴抜松図」がお出迎え。

没後三七〇年宮本武蔵とその時代

15/7/8 - 15/12/7