『京都市美術館』の展示会情報

現在開催中の情報はありません。

京都市美術館

京都市美術館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『京都市美術館』の展示会情報

美術館リ・ボーンに向けて『市展・京展80年記念展』2016京展

17/3/7 - 17/3/23

京都市主催の総合公募展。日本画,洋画,工芸,彫刻,版画,書の6部門にわたって入選,入賞した作品を展示。

改組 新 第3回日展京都展

16/12/10 - 17/1/15

日本最大規模の総合公募展「日展」の京都巡回展。日本画,洋画,彫刻,工芸美術,書の5部門を設け,全国を巡回する基本作品と京都・滋賀の地元作品を展示。

生誕300年若冲の京都 KYOTOの若冲

16/10/4 - 16/12/4

写生的,装飾的な花鳥画と斬新なタッチの水墨画によって異色の画風を作り上げた若冲の世界を展覧します。

ダリ展

16/7/1 - 16/9/4

油彩作品のほか,ドローイング,オブジェ,ジュエリー,書籍,彫刻など様々な表現媒体で展開された初期から晩年までのダリの多方面にわたる創作の軌跡をたどる。

「光紡ぐ肌のルノワール」展

16/3/19 - 16/6/5

本展では,女性たちの透明な肌,色鮮やかな頬と唇などルノワールの描く光あふれる美を堪能できます。

マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展 「印象、日の出」から「睡蓮」まで

16/3/1 - 16/5/8

本展は、「印象派」の名称の由来となったモネの《印象、日の出》から晩年の「睡蓮」や「日本の橋」を描いた連作にいたる約90点により、モネの芸術の本質にせまる。

琳派400記念 -琳派降臨-近世・近代・現代の「琳派コード」を巡って

16/1/14 - 16/2/14

近世・近代・現代における「琳派コード」を,「自然」「都市」「抽象」の観点から考える。

フェルメールとレンブラント:17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち‐世界劇場の女性‐

15/10/24 - 16/1/5

世界へ女性が登場する「世界劇場」の幕開けである。フェルメール《水差しを持つ女》やレンブラント《ベロ―ナ》など日本初公開作品も見どころ。

ルーヴル美術館展 日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄

15/6/16 - 15/9/27

本展では多様性にみちたヨーロッパの風俗画の展開を、古代エジプトとギリシャの作例を起点に、16世紀初頭から19世紀半ばまでの絵画約80点によってたどる。

PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015

15/3/7 - 15/5/10

世界中から注目されている国内外の芸術家が京都に集う現代美術の大規模な国際展。