『高麗美術館』の展示会情報

ユネスコ「世界の記憶」登録記念特別展『京・近江の朝鮮通信使』

4/1 - 8/21

このたびの展覧会では、京都・滋賀を中心にした善隣友好の歴史を展示し、相互理解と友好の礎になることを願っています。 1期 4月1日(日)~5月29日(火) 2期 6月14日(木)~8月21日(火)

高麗美術館

高麗美術館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『高麗美術館』の展示会情報

福を運ぶ朝鮮王朝のとりたち

17/7/27 - 17/12/5

国境も無い昔から空を自由に飛び交う鳥は吉祥の意味をもち、平和や愛情の象徴として人々に愛されてきました。今回はさまざまな鳥と福をモチーフにした所蔵品80点による美の世界を展示いたします。

上田正昭と高麗美術館

17/4/3 - 17/7/17

今回、上田正昭先生所蔵の『広開土王碑拓本』を展示し、雨森芳洲をはじめとした朝鮮通信使資料を公開することで上田史学の幅広い視野を紹介いたします。

特別展「メドゥプ 韓国の伝統組み紐」

16/12/3 - 17/3/26

つややかな絹糸が交わり結ばれるメドゥプは、日本の組み紐のルーツとも言われていま。強く可憐な表現を高麗美術館の所蔵品とともにご堪能ください。

「朝鮮王朝 白磁の世界」

16/8/1 - 16/11/23

白磁のイメージを超える、高麗美術館の白磁の世界を、どうぞお楽しみください。

仏教の輝き 青磁の輝き

16/4/5 - 16/7/24

本展覧会では、当館が所蔵する仏像や仏画と青磁器を中心に、朝鮮半島における仏教美術と青磁のかかわりを展示・解説いたします。皆様のご来館を心よりお待ちしております。

私のお気に入り名品展

15/12/1 - 16/3/27

高麗・朝鮮の美―華麗なる高麗、鮮やかな朝鮮

15/8/4 - 15/11/23

これらの両時代の美に映し出される当時の諸相を幅広く紹介いたします。

「朝鮮のやきものがたり:陶器から青磁・白磁へ―彼らの語る歴史とは」

15/4/7 - 15/7/26

本展覧会では陶磁器の変遷、そして作品一つ一つを通して、美の中に隠された朝鮮半島の歴史をご紹介します。

チャングムが生きた時代―女性たちの生活と服―

15/1/8 - 15/3/29

朝鮮時代を生きた女性たちに焦点を当て、儒教に基づく居住空間で生み出された陶磁器や絵画、家具、刺繍品など様々な生活用具を通じ、伝統的な「暮らしの美」を紹介します。

秋の企画展「あなたが選ぶ高麗美術館の美」

14/10/4 - 14/12/23

参加体験型の新たな試みの中で、高麗美術館開設への道のりや創設者の想いなどを、あらためて紹介します。