『三重県立美術館』の展示会情報

開館35周年記念Ⅱ テオ・ヤンセン展

7/15 - 9/18

近畿中部地方では初めて紹介される本展は、動くシーンも見られる家族で楽しめる企画で、科学や自然と結びついた世界的な現代アートの実物に触れる絶好の機会です。

三重県立美術館

Loading...
Loading...

三重県立美術館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『三重県立美術館』の展示会情報

開館35周年記念Ⅰ ベスト・オブ・コレクション―美術館の名品

17/4/22 - 17/6/18

開館35周年を記念してコレクションから選りすぐった名品を一堂に公開します。

再発見!ニッポンの立体展

17/1/24 - 17/4/9

本展では、ジャンルを超えた多彩な立体表現約150点により、日本における立体表現が近代という時代の波を乗り越え、現在までどのように展開してきたのかを探ります。

石垣定哉展

16/10/8 - 16/12/11

初期から壮年期までの代表作と病を克服して描かれた新作によって、石垣定哉の歩みを紹介します。

丸沼芸術の森所蔵 ベン・シャーン展

16/7/9 - 16/9/25

埼玉県朝霞市の丸沼芸術の森コレクションから、水彩・素描、版画、写真等約300点を紹介します。情趣あふれる描線と明快な色彩が織りなすシャーン芸術の豊かな世界をお楽しみください。

招き猫亭コレクション 猫まみれ展 ―アートになった猫たち 浮世絵から現代美術まで―

16/4/23 - 16/6/26

ネコという一つのモチーフを通して、絵画や彫刻の様々な表現に触れることで、美術の新たな魅力を発見することにもつながると期待しています。

舟越桂 私の中のスフィンクス

16/2/9 - 16/4/10

本展では近年制作された彫刻とドローイングを中心に、舟越桂の活動を紹介します。

戦後70年記念 20世紀日本美術再見 1940年代

15/7/11 - 15/9/27

アジア太平洋戦争の大きな影響を受けて揺れ動いた1940年代の日本美術の諸相を絵画、彫刻、工芸、写真、建築など各分野の代表作と資料とによって総合的に紹介します。

真昼の夢、夜の寝覚め ―昼夜逆転の想像力―

15/5/16 - 15/6/28

昼夜逆転の状況が生む想像力の不思議を、所蔵作品を通してご紹介します。

空飛ぶ美術館

15/3/7 - 15/5/6

「空飛ぶ美術館」展では、鳥や天使、飛行機等を表した作品をはじめとする、空や飛翔にまつわる古今東西の美術作品を一堂に会し、美術家たちの夢や冒険の足跡をご紹介します。

岡田文化財団設立35周年記念 コレクション展

14/12/13 - 15/2/15

これまでに寄贈された作品を4つの章に分けてご紹介します。