『マコンデ美術館』の展示会情報

アフリカの動物展「ろうけつ染め絵画」

3/7 - 8/27

今回は、大自然の中で暮らす動物たちを描きロウケツ染の技法で仕上げた作品を展示します。

マコンデ美術館

マコンデ美術館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『マコンデ美術館』の展示会情報

ティンガティンガ絵画「鳥」展

17/9/6 - 17/12/30

今回は、アフリカ大地の自然の中で羽ばたく鳥たちを描いた作品を展示します。

マコンデの具象彫刻展

16/11/2 - 17/3/20

今回は、当館の収蔵室で20年以上にわたり保管されていた具象彫刻を展示します。

リランガの絵画展

15/4/15 - 15/8/31

今回は、リランガが得意にしていた夢の中に出てくる妖精をコミカルに描いた作品の中から、画用紙や手すき紙に、水彩画、素描画などで半抽象的にデフォルメして、大きな耳や口をした妖精の姿を楽しく創造した作品...

フィデリス彫刻展

14/3/12 - 14/8/31

今回は、フィデリスの作品を約20点展示します。

ダスタニ・シモニ展

13/1/1 - 13/5/6

ダスタニは、妖精や蛇をモチーフにして半抽象的な対策を発表し続けてきたマコンで彫刻の代表作家です。  マコンデ特有の神話や高原での生活を中心に、神蛇や生命の源の「母」としての豊かな乳房の女性をテーマに...

アグスティーノ ムワンガ展

12/2/25 - 12/6/26

生命の源「母」として乳房の女性をテーマにした作品や、彼たちの主食である「とうもろこし」や「バナナ」の精を表現して豊作を祈願したり、貴重な「水」水瓶の妖精として表現した作品などを展示します。

フェリックス・マリー

11/4/27 - 11/8/27

彼の彫刻は、斧とノミだけで創造され荒々しいタッチに仕上げられます。円空仏像を連想させる力強い作品を展示します。

リランガの絵画展

10/10/9 - 11/2/28

マコンデ彫刻家のリランガは、彫刻の他にろうけつ染やドローイング、版画、ペイント画など多彩な作家活動を展開していた唯一の作家である。

胸像展 BUST of MAKONDE

09/12/23 - 10/5/9

荒いヤスリでギザギザに仕上げたり、細かい紙ヤスリでシャープに仕上げるなど個性のある作品が多く、叫ぶ顔、怒る顔、あごを突き出した顔などリアルに表現しています。 黒檀の自然な素材を生かし、さまざまな表...

ムワンジェマ彫刻展

09/8/8 - 09/12/6

現代彫刻というより、未来を感じるほど完璧に抽象化し、抽象化した人間や動物の体の部分(耳・目・乳房・並んだ歯・手・足)などを自由に創造して、見事な造形世界を彫り出しています。 ムワンジェマの作品と影...