『奈良市杉岡華邨書道美術館』の展示会情報

近現代かな書の流れ③ 現代かな書の成立

10/13 - 1/14

明治時代にかな書を芸術として復興させた第1期「上代様からの再出発」、続く大字かなの時代を切り開いた第2期「大字かなの先覚者」を経て、かな書のさまざまな表現を模索し現代のかな芸術を育て上げた作家を紹介。

奈良市杉岡華邨書道美術館

奈良市杉岡華邨書道美術館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『奈良市杉岡華邨書道美術館』の展示会情報

涼を誘う -華邨の書の世界-

18/7/21 - 18/10/16

当館収蔵の華邨作品より、夏の暑さをふと忘れられるような涼を感じる作品を集めて紹介します。

切手から見た奥の細道の世界 -奥の細道切手原画展-

18/4/21 - 18/7/16

後に数々の合作を残す中路融人画伯との出会いのきっかけとなったこの貴重な切手原画を、郵政博物館よりお借りして紹介します。

大作に見る杉岡華邨の世界ー屏風作品を中心にー

18/1/20 - 18/4/15

造形美を超えた華邨の人間性を表現した大作をご覧ください。

華邨が書く細字の魅力

17/7/22 - 17/10/1

当館収蔵の杉岡華邨作品より、初期の細字作品を中心に紹介します。

かな作家のさまざま展

17/4/22 - 17/7/17

本展では、現代書壇を代表する物故かな作家の作品を一堂に集め紹介します。日本独自の文化であるかな書においても、王羲之を中心とした中国書法から影響について検証することで、東アジアの書文化の振興と文化交...

冬から春へ ―華邨が書くよろこびの歌―

17/1/21 - 17/4/16

本展では、奈良市杉岡華邨書道美術館の収蔵作品より冬から春の季節の変化と迎春、春のよろこびをテーマとした杉岡華邨作品を紹介します。

中国書法から影響を受けた 日本の漢字書家 ―碑学派、帖学派とその周辺―

16/9/3 - 17/1/15

本展では、中国書法の影響を受けた現代書壇を代表する物故漢字作家の作品を一堂に集め紹介します。

謙慎の書④上條信山の門流- 書象会選抜展

17/1/1 - 17/1/4

関東を中心に活動する謙慎書道会について紹介するシリーズの第4回展で、信山バリと呼ばれる独自の書風を生み出すと共に、教育者として戦後書道教育振興に尽力した上條信山の門流をテーマに、上條信山を師とする書...

華邨が書く茂吉の歌

16/7/23 - 16/8/28

本展では、奈良市杉岡華邨書道美術館の収蔵作品より斎藤茂吉の歌を書いた杉岡華邨作品を紹介します。

謙慎の書③ 青山杉雨の門流― 樽本樹邨と轟友会選抜展

16/4/23 - 16/7/18

青山杉雨を師とする日本芸術院賞受賞者の樽本樹邨氏と、氏が会長を務める轟友会の19人の作家の作品を一堂にご鑑賞いただけます。