『新潟県立万代島美術館』の展示会情報

ジブリの動画家 近藤勝也展

7/7 - 9/24

本展では、氏の描いたアニメーション原画やキャラクターデザインの仕事を中心に、多彩な作品約500点を紹介します。

新潟県立万代島美術館

新潟県立万代島美術館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『新潟県立万代島美術館』の展示会情報

ターニングポイント!ー人生、それぞれの”時”

18/5/19 - 18/6/24

美術家の人生におけるさまざまな転機に着目し、関連する作品とともに創作の推移をたどります。本年は当館の開館15年という時の節目にあたります。そこから、「15歳のバンビ」と題す特集展示を併設し、当館のこれ...

古代アンデス文明展

18/3/21 - 18/5/6

本展覧会では、地上絵で知られるナスカや黄金の都といわれたシカンなど、アンデス文明を代表する9つの文化を、優れた意匠の土器、織物、黄金製品やミイラなど、選び抜かれた約200点の貴重な資料を通して紹介しま...

チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地

17/11/23 - 18/3/4

本展は、デジタル領域を中心に独創的事業を展開するウルトラテクノロジスト集団チームラボの、世界中で高い評価を得ているデジタルアート作品と、全国各地で子どもたちを楽しませている体験型の作品を結集し、展...

うつくしい暮らし

17/9/16 - 17/11/5

本展では、主に県内ゆかりの作家による工芸作品や、燕市出身のグラフィックデザイナー・亀倉雄策がコレクションしたガラス器、陶磁器、絵画など、新潟県立近代美術館・万代島美術館が所蔵する作品に加え、県内の...

レオナール・フジタとモデルたち

17/6/24 - 17/9/3

本展は、フジタの画業の中心である人物を描いた作品約90点を、描かれたモデルに関連する資料約150点を交えて紹介し、画家のモデルに注ぐまなざしや制作の過程、さらにフジタの人間性までもが浮かび上がることを期...

マリメッコ展-デザイン、ファブリック、ライフスタイル

17/3/4 - 17/6/11

本展は、ヘルシンキのデザイン・ミュージアムの所蔵作品から、ファブリック約50点、貴重なヴィンテージドレス約60点、デザイナー自筆のスケッチ、各時代の資料などを通して、マリメッコの60年以上にわたる歴史を...

鴻池朋子展「皮と針と糸と」

16/12/17 - 17/2/12

本展では、反響を呼んでいる24メートルに及ぶ《皮緞帳》を始め、鴻池作品に多く見られる”縫う”という行為に焦点を当てます。

美術家の青春 ― ここから、絵が生まれる+特集展示《色と線・難波田史男》

16/10/27 - 16/12/4

西洋美術、日本画、洋画、版画、写真など、古今東西、様々なジャンルの作品が並ぶのも本展の大きな特徴です。美術家たちの多様な青春時代をぜひお楽しみください。

スタジオジブリ・レイアウト展

16/7/16 - 16/10/10

本展では、スタジオジブリ・三鷹の森ジブリ美術館全面協力のもと、「風の谷のナウシカ」から「思い出のマーニー」まで、宮崎監督直筆のレイアウトを中心に高畑・宮崎監督がジブリ以前に手掛けた作品も含め、およ...

ビアズリーと日本

16/4/29 - 16/6/26

本展では、ビアズリーを軸に、英国と日本を往還した美の交流を約270点の作品により概観します。