『栗東歴史民俗博物館』の展示会情報

特集展示「源平布引滝」

12/5 - 2/25

栗東市手原にゆかりのある、浄瑠璃や歌舞伎の作品「源平布引滝」について、手原に生まれた郷土史家・里内勝治郎(1877~1956)が収集した郷土資料のコレクション「里内文庫資料」(滋賀県指定有形文化財)から特...

栗東歴史民俗博物館

栗東歴史民俗博物館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『栗東歴史民俗博物館』の展示会情報

特集展示「手仕事の時代 ―文字からたどる民俗資料のルーツ―」

17/10/14 - 17/11/26

栗東歴史民俗博物館には、およそ3,000件余りの民俗資料(民具)が収蔵されています。そのなかには、いつ、だれがどこで購入もしくは作製したのか、あるいは誰が所有するものか、といった文字情報が記されたものが...

特集展示「平和のいしずえ2017~資料で見る戦争の時代」

17/9/2 - 17/10/1

平成29年度は「資料で見る戦争の時代」と題し、戦争遂行のために各種の団体に組織されていた人びとの活動を中心に、戦時下の厳しい生活がうかがえる資料を展示します。

「出た・見た・触れた 先人からのメッセージ~湖南の最新発掘調査成果を中心に~」

17/7/8 - 17/8/20

展覧会では平成26年~28年度、湖南地域で実施された発掘調査によって発見された最新の考古資料を中心に構成します。

企画展「琵琶湖誕生―日本・世界が見聞した琵琶湖―」

16/10/8 - 16/11/27

近江・滋賀県を象徴する琵琶湖・・・そのシンボル的存在は、日本・世界でどのように見聞され、認知されるようになったのでしょうか。栗東歴史民俗博物館と公益財団法人日本習字教育財団観峰館が共催する本展では...

「平和のいしずえ2016~戦時下の子どもたち~」

16/8/13 - 16/9/25

今年度は「戦争と子どもたち」をテーマとし、太平洋戦争下の地域の人びとのくらしを、当時の子どもたちの目線をまじえて紹介します。

KURITA BLUE -名産青花と青花紙のある風景-

16/7/2 - 16/7/31

平成28年度、現在も生産が続けられている草津市と、かつて生産していた栗東市、旧栗太郡を構成した2市が連携して、旧栗太郡の特産品として知られた青花紙をテーマに展覧会を開催します。

収蔵品展「資料が奏でる歴史のしらべ」

16/5/21 - 16/6/19

新収蔵資料もあわせて紹介し、バラエティーに富んだ栗東の歴史と文化の一端を、あらためて知っていただく機会としたいと考えます。

特集展示「文化財と拓本」

16/1/9 - 16/2/21

栗東歴史民俗博物館が収蔵する資料のほか、地域に残る文化財とその拓本を通して、拓本の魅力をご紹介します。

「地のまつりと水のまつり―古代の役所と祭祀―」

15/11/14 - 15/12/27

今回の展覧会では湖南地域の官衙遺跡での祭祀のありかたを紹介することにより、古代人の精神生活の一端をみていこうとするものです。

企画展「竹村定治コレクション展 鉄道模型の世界」

15/7/4 - 15/8/16

さまざまな鉄道模型や、関連するコレクション・資料を展示します!! お楽しみに!