『MIHO MUSEUM』の展示会情報

百(もも)の手すさび-近代の茶杓と数寄者往来-

10/20 - 12/2

本展は、池田瓢阿氏(竹芸家)による監修のもと、近代茶杓の礎となった近世(安土桃山時代から江戸時代)の茶杓を通した交友を回顧し、三井財閥を支えた益田鈍翁を中心とする東西の近代数寄者約30名が削った茶杓...

MIHO MUSEUM

MIHO MUSEUMのレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『MIHO MUSEUM』の展示会情報

アメリカ古代文明-超自然へのまなざし-

18/9/8 - 18/10/8

展示では、彼らの残した石彫、陶器、金属工芸、染織品など100 余点を展観し、暦と歴史的な儀式、生死をかけた球戯、神聖なチョコレートなどの話題にも触れながら、彼らの三千年にわたる足跡をたどります。

赤と青のひ・み・つ聖なる色のミステリー

18/6/30 - 18/8/26

本展では、古代から近世における日本そして世界の美術品に表された赤と青を取り上げ、人々が古より「色」とどのように関わってきたかを考えます。

猿楽と面―大和・近江および白山の周辺から―

18/3/10 - 18/6/3

本展覧会は、興福寺や春日大社などに猿楽を奉仕した大和四座の本拠地大和、世阿弥の『風姿花伝』や『申楽談義』に大和猿楽に並ぶ勢力として登場し、延暦寺や日吉大社などに猿楽を奉仕した近江、そして霊峰白山の...

桃源郷はここI.M.ペイとMIHO MUSEUMの軌跡

17/9/16 - 17/12/17

展示を通して、古代の人々の世界観や美意識、現代の私たちとも共通する美への思いが、浮き彫りとなってくることでしょう。「聖なるもの」「美しきもの」を求めて形成されたMIHOコレクションの精粋をどうぞお楽し...

雪村 奇想の誕生

17/8/1 - 17/9/3

本展覧会は海外からの里帰り作品を含む雪村の主要作品約八十件に、雪村から大きな影響を受けた後代の関連作品約三十件を加えた、過去最大規模の回顧展となります。

和ガラスの美を求めてー瓶泥舎コレクションー

17/3/18 - 17/6/18

日本有数の江戸ガラスコレクション180点を一挙公開!

秋季特別展 「ムガル皇帝とマハラジャの宝石 カタール・アル サーニ・コレクション」 (北館)

16/10/1 - 16/12/11

同時開催 「美し(うまし うるはし) 乾山 四季彩菜」 (南館・中国展示室)

夏季特別展「極(きわみ) 大茶の湯釜展 -茶席の主-」

16/6/4 - 16/7/31

かざりー信仰と祭りのエネルギー

16/3/1 - 16/5/15

ジョン・C・ウェバー・コレクション

15/9/15 - 15/12/13