『島根県立美術館』の展示会情報

江戸の遊び絵づくし

5/19 - 7/3

江戸庶民がどんな風に使い、面白がり、驚き、頭をひねり、そして笑っていたのか― そんなことが想像できる仕掛けもいっぱい!いつも江戸庶民の身近にあった“遊び”の造形世界を、どうぞお楽しみください。

島根県立美術館

Loading...
Loading...

島根県立美術館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『島根県立美術館』の展示会情報

愛しきものへ 塩谷定好 1899-1988

17/3/6 - 17/5/8

80年もの間大切に保存され、日の目を見ることのなかった貴重なコレクション約400点(作品約300点、資料約100点)によって、戦前の作品を中心に塩谷定好の全貌を公開します。

島根県立美術館コレクション名品選 新庄二郎が愛した浮世絵

17/1/2 - 17/2/6

本展では新庄コレクションの軌跡を、豊富な資料や新庄が自身の蒐集品へ向けた言葉と共に振り返ります。新庄二郎が愛情を注ぎ、情熱を傾けて作り上げた「新庄コレクション」の精華を、この機会にぜひご堪能ください。

第63回 日本伝統工芸展

16/12/7 - 16/12/25

今年で15回目を迎える松江展では、入選作全627点の中から、重要無形文化財保持者(人間国宝)の作品46点をはじめ、受賞作16点、地元山陰在住作家の入選作7点を含む282点を展示いたします。

日本・ベルギー友好150周年 ベルギー近代美術の精華展

16/9/3 - 16/10/19

本展では、クールベに影響を受けたレアリスム、熱狂的にスーラを受容した印象派から、クノップフらを輩出した象徴派、重厚で激しいアンソールに代表される表現主義、そしてこれらの美術の流れを継承しながら、フ...

東京国立近代美術館工芸館名品展 日本工芸の100年

16/6/29 - 16/8/25

明治期の輸出工芸をはじめ、富本憲吉ら戦前の巨匠の作品、八木一夫ら戦後のオブジェ、そして現代の造形的な作品まで、陶芸を中心にガラス・金工作品など全119点を展示します。

企画展 ポーラ美術館コレクション―モネからピカソ、シャガールへ

16/4/15 - 16/6/20

西洋近代絵画のドラマチックな展開をお楽しみください。

しまね画人伝 島根県立美術館コレクションを中心に

16/1/2 - 16/2/15

島根ゆかりの画家を近世絵画、日本画、洋画、水彩画、版画の5分野から紹介する展覧会です。

第62回 日本伝統工芸展

15/12/2 - 15/12/23

今年で14回目を迎える松江展では、入選作全606点の 中から、重要無形文化財保持者(人間国宝)の作品45点をはじめ、受賞作15点、地元山陰在住作家の入選作9点を含む約300点を展示いたします。

伊藤若冲と京の美術展

15/9/18 - 15/11/3

奇才若冲を生み育んだ、伝統と革新が織りなす「京」の美意識を感じていただけます。

企画展  ムルロ工房と20世紀の巨匠たち―パリが愛したリトグラフ

15/7/29 - 15/9/10

今なお豊かな魅力にあふれたリトグラフの世界をどうぞお楽しみください。