『掛川市ニの丸美術館』の展示会情報

掛川城と高知城 山内一豊と歴代城主ゆかりの遺品

9/8 - 11/4

戦国時代の山内一豊の活躍から、太田候による学問・文化が花開いた江戸時代までの掛川を紹介する展覧会です。

掛川市ニの丸美術館

掛川市ニの丸美術館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『掛川市ニの丸美術館』の展示会情報

永田萠ー夢みるチカラー

18/7/7 - 18/9/2

本展覧会では童話など絵本の挿絵となった作品や絵画、絹絵とともに、掛川市東山地区を舞台に描かれた「ふわりとチャバ」の原画も展示されます。

男も女も装身具ー煙草入れと櫛かんざしの美ー

18/4/21 - 18/6/24

「木下コレクション」の煙草道具を男の装身具とするのに対し、「澤乃井櫛かんざし美術館コレクション」を女の装身具とし、双方合わせて約400点、技と美が織りなす装身具の世界をご覧いただきます。

木下コレクション「工芸品をたのしむー小さきものみな美しー」

18/3/3 - 18/4/15

生活の小道具から更に小さなミクロの世界「根付」まで、日本人の美意識をもって作られた宝飾品にも負けない美しい作品を選定いたしました。

名品と出会うー企業コレクションによる日本近代洋画展ー

17/12/29 - 18/2/25

本展は、公益社団法人糠業協会が所蔵する珠玉のコレクションを通して、独自の表現を切り開いた日本近代の洋画家たち42人の61作品をご紹介するものです。

かけがわ茶エンナーレアートセレクション 大庭大介・竹廣泰介

17/10/21 - 17/12/3

偏向パールのアクリル絵具で斬新な空間を 創出するアーティスト大庭大介の作品と、信楽焼を中心にデザイン性の高い花器や壺を創作する陶芸家竹廣泰介の作品をご紹介。

引き込まれる空間 動き出すたまごたちー今堀邦子展ー

17/9/2 - 17/10/15

本展ではまるで動いているような大型の作品を始めドローイング等を展示いたします。

M

MOA美術館所蔵品 特別展示 黄金の茶室と現代日本美術の粋

17/7/15 - 17/8/27

秀吉の命によりつくられた黄金の茶室は、その名のとおり室内から茶道具に至るまで金が用いられ、秀吉はここで正親町天皇に茶を献じたといわれています。絢爛豪華な「黄金の茶室」(復元)と桃山・江戸の茶の湯に...

名画は語る 和と洋の近・現代絵画展

17/5/14 - 17/7/2

近代絵画史の中で、相違いながらも歩み寄ってきた「日本画」と「洋画」、その双方の魅力を本展でご堪能頂けましたら幸いです。

木下コレクションII 蒔絵と彫金 ー明治工芸の粋ー

17/3/25 - 17/5/7

作品は、幕末から明治期の蒔絵と彫金作品約60点、超絶技巧が映える装飾性の高い作品を選定しました。

本田健展 遠野のくらし 1987ー2016

17/2/4 - 17/3/20

本展覧会では代表作であるチャコールペンシルのドローイングに加え、文字や図形などをモチーフとしたカラフルな油彩画、そして近年制作された野菜や草花を中心とする油彩画を展示します。