『草雲美術館』の展示会情報

「仏と賢人」展

8/25 - 10/8

幕末動乱期、草雲は民兵誠心隊を組織し、隊長として藩の存続のために奔走しました。維新後は、足利学校などの文化財散逸の危機には率先して保護活動を行いました。 そんな草雲は、草莽の志士から仏に至るまで、...

草雲美術館

草雲美術館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『草雲美術館』の展示会情報

「生き物たち」展

18/6/23 - 18/8/19

草雲が最も敬愛した渡辺崋山から学んだものは、「写実」という「近代的な眼」かもしれません。自然そのものを凝視して描いた草雲の「生き物たち」を、ぜひご覧ください。

「桃源郷」展

18/4/21 - 18/6/10

道に迷った武陵の漁夫がたどり着いた桃の花の咲く仙境。草雲が描いた「桃源郷」を特集します。

特別展「生誕200年田崎草雲展」

15/10/10 - 15/12/20

草雲生誕200年を記念し、草雲美術館と足利市立美術館の2会場、2会期で草雲の画業を数々の名品で紹介します。

「描かれた白石山房、郷里」

15/7/4 - 15/9/27

画人たちにより描かれた白石山房とふるさとの景色を紹介します。

企画展「かきつばたと春の花」

15/4/4 - 15/6/28

草雲の『八ツ橋図』と長谷川沼田居の『かきつばた図』とともに花鳥図を紹介します。

企画展「冬から春へ」

15/1/10 - 15/3/29

「冬から春へ」は文字どおり草雲が描いた冬の絵と春の絵を約30展展示いたします。 厳しい冬から萌える春へ、うつろう季節をお楽しみください。

「草雲とその弟子たちの名画」

14/11/1 - 14/12/23

草雲とその弟子たちが描いた名画を展示します。

企画展「新収蔵品と花鳥画」

14/8/30 - 14/10/26

今回は文人画的な墨画「四君子図」から繊細で色鮮やかな「花鳥図」まで、花鳥画家草雲をご覧いただきます。

「富士山と筑波山」

14/6/14 - 14/8/24

草雲は二つの山の絵を多く描いています。 そこで、草雲が描いた富士山と筑波山を中心に展示します。

企画展「四季山水図の世界」

14/4/5 - 14/6/8

幕末から明治にかけての画家田崎草雲は、多くの四季山水図を描きました。その中から数点を選んで展示します。