『古代オリエント博物館』の展示会情報

未開催

シルクロード新世紀 — ヒトが動き、モノが動く —

9/29 - 12/2

本展示ではいわゆる「絹の道」を広義に捉えて、ヨーロッパや中近東地域から中央アジア、東・東南アジアのユーラシア各地を総合するシルクロード概念の再構築を試みます。シルクロードに関わる国内の考古・美術・...

古代オリエント博物館

古代オリエント博物館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『古代オリエント博物館』の展示会情報

オリ博夏祭り!古代オリエント博物館誕生40周年記念祭

18/7/14 - 18/9/17

最新の研究成果を反映させた資料とパネルで古代オリエントの歴史と文化を展観!!

はじまりはペルシアから ―古代イランの土と火の芸術―  Eizo Nakaoka Collection

18/4/14 - 18/6/4

「中岡栄三コレクション」を通して、古代のイランで発展した土器、陶器を紹介します。

「古代オリエント カミとヒトのものがたり  ―神話の世界へようこそ―」

17/9/16 - 17/11/12

本展では、ギリシア・ローマからエジプト、メソポタミア、インド、中国、日本にまで至る広大なオリエント世界の神話や物語を、そこに登場する神々や物語の一場面を表現した工芸作品などを通して紹介します。

魅惑のランプ ―古代地中海からヨーロッパ、アジアまで―

17/7/29 - 17/9/10

古代西アジアやギリシア、ローマ、エジプトなど地中海世界から、近現代の南アジア、ヨーロッパ、そして日本の灯火にいたるさまざまな種類のランプを紹介します。イベントもりだくさん。大人も子どもも楽しめる展...

「シリア沙漠のベドウィン -

17/6/10 - 17/7/17

写真家

粘土板と印章―紀元前13世紀ユーフラテス川沿いのエマル市

17/4/1 - 17/5/28

今回は平山郁夫シルクロード美術館蔵52点の粘土板文書に捺された、大量の証人達の印章の印影から得られた情報を公開いたします。ハンコを用いた当時の契約習慣の実態に驚かれることでしょう。

南コーカサス地方で農耕の起源を探る ―アゼルバイジャンの新石器時代―

17/2/11 - 17/3/26

この展示では、2008年から続く東京大学の発掘調査によって明らかになってきたアゼルバイジャン共和国での最新の調査成果を、出土した標本資料とパネル・映像によって紹介します。

クローズアップ展示 干支展示:トリ

17/1/4 - 17/2/10

当館の所蔵品のなかにも、鳥をモチーフにしたものがたくさんあります。小さい護符から、可愛い鳥形土器、ほぼ実物大に作られたエジプトのトキなど。古代の人々は、トリにどのような想いをいだいていたのでしょう...

化粧 ー貴人の嗜み 庶民の喜びー

16/10/1 - 16/11/28

西アジアでは特に眼を強調してきた歴史をエジプト、メソポタミアを中心に展示します。また、顔に文様を描く花鈿、靨鈿についてギリシアから日本までを、それらが描かれた美術作品によって概観します。

古代オリエント美術の愉しみーMIHO MUSEUMコレクション・エジプトから中国までー

16/7/23 - 16/9/4

世界有数の優れたコレクションを所蔵するMIHO MUSEUM(滋賀県)の古代エジプトから中国にいたるまでの逸品で構成する展覧会です。