『国立西洋美術館』の展示会情報

ルーベンス展―バロックの誕生

10/16 - 1/20

本展はルーベンスの作品を、古代彫刻や16世紀のイタリアの芸術家の作品、そしてイタリア・バロックの芸術家たちの作品とともに展示し、ルーベンスがイタリアから何を学んだのかをお見せするとともに、彼とイタリ...

国立西洋美術館

国立西洋美術館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『国立西洋美術館』の展示会情報

ミケランジェロと理想の身体

18/6/19 - 18/9/24

本展は、《ダヴィデ=アポロ》《若き洗礼者ヨハネ》というミケランジェロ彫刻の傑作を核に、古代ギリシャ・ローマとルネサンスの作品約70点の対比を通して、両時代の芸術家が創りあげた理想の身体美の表現に迫り...

日本スペイン外交関係樹立150周年記念 プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光

18/2/24 - 18/5/27

本展は、同美術館の誇りであり、西洋美術史上最大の画家のひとりであるディエゴ・ベラスケス(1599-1660年)の作品7点を軸に、17世紀絵画の傑作など61点を含む70点をご紹介します。

北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃

17/10/21 - 18/1/28

国内外の美術館や個人コレクターが所蔵するモネ、ドガ、セザンヌ、ゴーガンをふくめた西洋の名作約200点と、北斎の錦絵約30点、版本約60点の計約90点(出品点数は予定、会期中展示替えあり)を比較しながら展示し...

アルチンボルド展

17/6/20 - 17/9/24

本展は、世界各地の主要美術館が所蔵するアルチンボルドの油彩約10点や素描を中心に、およそ100点の出品作品により、この画家のイメージ世界の生成の秘密に迫り、同時代の文脈の中に彼の芸術を位置づけ直す試みで...

シャセリオー展―19世紀フランス・ロマン主義の異才

17/2/28 - 17/5/28

今回の展覧会は、フランスでもその作品をまとめて見る機会が少ないシャセリオーの作品世界に触れる絶好の機会となることでしょう。

クラーナハ展―500年後の誘惑

16/10/15 - 17/1/15

日本初のクラーナハ展となる本展では、そうした画家の芸術の全貌を明らかにすると同時に、彼の死後、近現代におけるその影響にも迫ります。

聖なるもの、俗なるもの メッケネムとドイツ初期銅版画

16/7/9 - 16/9/19

本展は、ミュンヘン州立版画素描館や大英博物館などからも協力を得て、版画、絵画、工芸品など100点あまりで構成されます。

日伊国交樹立150周年記念 カラヴァッジョ展

16/3/1 - 16/6/12

カラヴァッジョの劇的な人生と作品、そして彼の芸術が美術史に与えた影響を紹介します。

黄金伝説展 古代地中海世界の秘宝

15/10/16 - 16/1/11

本展では、地中海地域の古代文明がもたらした金の傑作の数々を、金を題材とする絵画とともに展示し、黄金に魅了された人類の歴史をひもといていきます。

ボルドー展 ―美と陶酔の都へ―

15/6/23 - 15/9/23

200点を超える多様な作品・資料を通じて、ボルドーをボルドーたらしめているワインとのつながりを道標べに、芳醇なる都市の歴史を旅します。