『静嘉堂文庫美術館』の展示会情報

~生誕200年記念~幕末の北方探検家 松浦武四郎展

9/24 - 12/9

生誕200年の記念の年、多彩なその事蹟に是非ご注目ください。

静嘉堂文庫美術館

静嘉堂文庫美術館のレビュー(レポ・口コミ) ★★★★★ 5.01

クリックして1票!3
★★★★★5

「あこがれの明清絵画 ~日本が愛した中国絵画の名品たち~」静嘉堂文庫美術館 に行ってきました。深遠な山水から愛らしい猫まで中国・明清時代の絵画の優品が初公開の作品も8点も含め一挙に公開中!感想はこちらhttp://blog.livedoor.jp/kaisyuucom/archives/26578550.html

匿名さん(Windows 10、IE11.0、ucom.ne.jp)2017年10月29日16:25この投稿にコメント削除依頼
レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『静嘉堂文庫美術館』の展示会情報

―明治150年記念― 明治からの贈り物

18/7/16 - 18/9/2

明治維新の大変革の後も、日本画や新興の洋画、彫刻や金工等の工芸品は、国内外の博覧会や展覧会への出品、皇室や宮内省による買い上げの栄誉も得て、見事な作品を創出してゆきました。壮麗な日本画から細密な工...

酒器の美に酔う

18/4/24 - 18/6/17

本展では、酒を盛る・注ぐ・酌み交わすうつわ、そして酒を呑む人びとをテーマに、およそ3000年前の中国古代から幕末・明治時代まで、中国・朝鮮・日本の豊かな酒器の世界と酒をめぐる美術を紹介します。

歌川国貞展

18/1/20 - 18/3/25

本展では、国貞の代表作を選び展示します。江戸の女性たちのいきいきとした姿、役者たちの迫力ある舞台姿などを、鮮やかで美しい色彩と共にお楽しみください。精緻を極めた彫りや摺りも必見です。

あこがれの明清絵画~日本が愛した中国絵画の名品たち~

17/10/28 - 17/12/17

日本の画家に多大な影響を与えた沈南蘋(しんなんぴん)の代表作をはじめ、日本が愛した中国絵画の名品を精選し展示いたします。

〜かおりを飾る〜珠玉の香合・香炉展

17/6/17 - 17/8/13

本展では、静嘉堂所蔵の漆芸・陶磁香合から優品を精選し、香炉の名品―重要文化財の野々村仁清(ののむらにんせい)作の色絵香炉、中国陶磁の至宝である南宋官窯(なんそうかんよう)の青磁香炉、豪華な蒔絵(まき...

挿絵本の楽しみ〜響き合う文字と絵の世界〜

17/4/15 - 17/5/28

本展では、主に日本の江戸時代(17~19世紀半ば)と、中国の明・清時代(14世紀後半~20世紀初め)の本の中から、解説書、記録類、物語など多彩な挿絵本を選び、その時代背景と共にご紹介します。絵と文字の紡ぎ...

超・日本刀入門〜名刀でわかる・名刀で知る〜

17/1/21 - 17/3/20

近年ブームに沸きながら、しかし道具としても美術品としても身近ではない日本刀。「全部同じに見える」「どこを見ればいいのか分からない」「専門用語が難しすぎる」といったさまざまな疑問やお悩みを徹底的に解...

漆芸名品展〜うるしで伝える美の世界〜

16/10/8 - 16/12/11

本展は、館蔵の日本・中国・朝鮮・琉球等の漆芸品から優品を精選、10年ぶりに公開します。

江戸の博物学〜もっと知りたい!自然の不思議〜

16/6/25 - 16/8/7

本展では本草書の歴史をたどりつつ、それと並行して江戸時代の人々に西洋博物学がどのように受け入れられてきたのかをご紹介します。

よみがえる仏の美〜修理完成披露によせて〜

16/4/23 - 16/6/5

本展では、運慶作か!?と話題の仏像「木造十二神将立像」のうち4軀をはじめ、修理を終えた仏画を初披露するとともに、作業の際に使用する材料や道具もともに展示し、修理過程をよりわかりやすく御覧いただきます。