『東京都現代美術館』の展示会情報

現在開催中の情報はありません。

東京都現代美術館

東京都現代美術館のレビュー(レポ・口コミ) 1.01

クリックして1票!
1

受付待ちしてるあいだに子供が入り口とは別の方向にいってしまって、それを追いかけたらそこは入り口じゃないと大声で怒鳴られ、分かってますと言うと、中では展示品に触らないように手を離すなだってさ。そんなこと言うなら年齢制限してほしい。気分台無し。行くんじゃなかった。

匿名さん(iPhone、Mozilla、au-net.ne.jp)2014年8月16日00:53この投稿にコメント削除依頼
レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『東京都現代美術館』の展示会情報

スタジオ設立30周年記念 ピクサー展

16/3/5 - 16/5/29

本展は、そうした創作活動にスポットライトをあて、ピクサーに所属するアーティストたちが映画制作の過程で創り出した多種多様なアートワークの全貌を紹介するものです。

東京アートミーティングⅥ "TOKYO"-見えない都市を見せる

15/11/7 - 16/2/14

アートだけでなく、音楽、映像、デザインなど幅広いメディアを通して、現在の可能性を「見えるように」していきます。

きかんしゃトーマスとなかまたち

15/7/18 - 15/10/12

テレビシリーズや劇場映画とともに愛され続ける作品世界と鉄道の魅力を楽しく探ります。

山口小夜子  未来を着る人

15/4/11 - 15/6/28

小夜子の声、姿、気配が充満する空間で、彼女の未だ終わらない物語を体感してください。

他人の時間

15/4/11 - 15/6/28

アジア・オセアニア地域のアーティスト18名の仕事を通し、他人の時間に向き合う手掛かりとなる作品をご紹介します。

ガブリエル・オロスコ展-内なる複数のサイクル

15/1/24 - 15/5/10

オロスコの魅力を伝える過去から現在までを紹介します。異なる年代と場所で生まれた作品がここ東京で出会い、新たな循環が始まります。

菅 木志雄  置かれた潜在性

15/1/24 - 15/3/22

本展は物質と身体、空間について菅作品が内包する多くの示唆にとんだ視点を、菅のコンセプトが先鋭的にあらわれた70年代を中心に、インスタレーションや制作ノート、記録映像を通して、提案するものです。

未見の星座〈コンステレーション 〉-つながり/発見のプラクティス

15/1/24 - 15/3/22

本展覧会が世界のどこかに潜むまだ見ぬつながりを発見するための「問いかけ」、次なる何かを生み出すための「プラクティス」となれば幸いです。

ミシェル・ゴンドリーの世界一周

14/9/27 - 15/1/4

2つの異なる展示空間で、彼の独創的なイマジネーションの世界をまるごと紹介します。

ミッション[宇宙×芸術]-コスモロジーを超えて

14/6/7 - 14/8/31

本展では、2014年夏の宇宙ブームにあわせて、限りなく私たちの日常に近づく宇宙領域と、アーティストらによる内的宇宙を、個々のコスモロジー=宇宙論を超える多元的宇宙として呈示します。