『パナソニック汐留ミュージアム』の展示会情報

ヘレンド展 ― 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯 ―

1/13 - 3/21

本展では、ブダペスト国立工芸美術館やハンガリー国立博物館などから出品される多数の陶磁器作品により、ヘレンドの輝かしいあゆみをご覧頂きます。

パナソニック汐留ミュージアム

パナソニック汐留ミュージアムのレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『パナソニック汐留ミュージアム』の展示会情報

表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち

17/10/17 - 17/12/20

国内有数のカンディンスキーのコレクションを誇る宮城県美術館の所蔵品を中心に、パリのルオー財団ほかからもご協力をいただき、かつてない出会いが実現します。

A

AMBIENT 深澤直人がデザインする生活の周囲展

17/7/8 - 17/10/1

今回、無印良品、au(KDDI)、B&BItalia、パナソニックなどのブランドの製品としてデザインされ、グッドデザイン賞など著名な賞を受賞した作品が多数出品されます。

日本、家の列島 ―フランス人建築家が驚くニッポンの住宅デザイン―

17/4/8 - 17/6/25

戦後社会の成長の一翼を担ってきた日本の住宅建築─この展覧会は多数の魅力的な写真や映像、ドローイング、スケッチ、模型を展示し、それら歴史的な名作住宅から最近の秀作まで約70作品をご紹介します。

マティスとルオー展 ―手紙が明かす二人の秘密―

17/1/14 - 17/3/26

本展では、二人や家族の手紙を紹介しながらその時期の絵画作品を展覧します。マティスの静物画《スヒーダムの瓶のある静物》をはじめとする貴重な初期の作品や、ルオーの重要な版画集『気晴らし』の油彩原画シリ...

モードとインテリアの20世紀 ―ポワレからシャネル、サンローランまで―

16/9/17 - 16/11/23

国内屈指のモードコレクションを収蔵する島根県立石見美術館の麗しいモード作品の数々を、この秋、東京で一堂に紹介いたします。

ミケランジェロ展 ルネサンス建築の至宝

16/6/25 - 16/8/28

本展はカーサ・ブオナローティの所蔵品を中心に、日本初公開の素描を多数展観いたします。

REVALUE NIPPON PROJECT 中田英寿が出会った日本工芸

16/4/9 - 16/6/5

本展では、日本工芸の魅力を再発見し、「ものづくりの心」を後世に伝えるべく中田氏のプロジェクトで生まれた作品を展示します。

キュー王立植物園所蔵 イングリッシュ・ガーデン 英国に集う花々

16/1/16 - 16/3/21

同園が所蔵する黎明期から現代までのボタニカル・アートの名品、さらに植物を着想源としたデザイン・工芸品を含めた約150点を展観します。

ゴーギャンとポン=タヴァンの画家たち

15/10/29 - 15/12/20

ブルターニュのカンペール美術館他からゴーギャンをはじめ、ベルナール、ドニなど同時代にポン= タヴァンで制作した画家たちの作品が出品されます。

片岡鶴太郎 四季彩花

15/9/17 - 15/10/18

「日本の四季」を テーマに、書画や染色をはじめガラス器から本展のための新作画に至る、幻想的な片岡鶴太郎ワールドを体験できます。