『山種美術館』の展示会情報

没後50年記念 川端龍子ー超ド級の日本画ー

6/24 - 8/20

大正から昭和の日本画壇において既存の概念を打ち破ろうと強靭な意志を抱き、在野の雄として生涯描き続けた川端龍子の全貌を、12年ぶりとなるこの回顧展でご覧いただきます。

山種美術館

Loading...
Loading...

山種美術館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『山種美術館』の展示会情報

花・Flower・華ー琳派から現代へー

17/4/22 - 17/6/18

本展では、春夏秋冬の花を描いた多彩な作品約60点を展示し、花の絵画で美術館を満開にいたします。さらに、花の特徴や花にまつわる物語・歴史、画家が残した言葉を交え、その魅力をご紹介します。

日本画の教科書 東京編ー大観、春草から土牛、魁夷へー

17/2/16 - 17/4/16

本展では、院展と日展の日本画家の作品を中心に、東京画壇の歴史に名を刻む主要な作品を一堂に展示いたします。

日本の教科書 京都編ー栖鳳、松園から竹喬、平八郎へー

16/12/10 - 17/2/5

本展では、当館の顔ともいえる竹内栖鳳《班猫》や村上華岳《裸婦図》の2点の重要文化財をはじめ、上村松園、小野竹喬、福田平八郎、山口華楊、上村松篁、上村淳之など明治時代から現代にいたるまで、京都画壇の画...

速水御舟の全貌ー日本画の破壊と創造ー

16/10/8 - 16/12/4

開館50周年を記念し、当館の「顔」ともいえる御舟コレクションに、他所蔵の各時期の代表作品も加え、初期から晩年にいたる御舟の作品約80点でその画業の全貌をふり返ります。

浮世絵 六大絵師の競演―春信・清長・歌麿・写楽・北斎・広重―

16/8/27 - 16/9/29

本展ではこの《東海道五拾三次》全56枚を揃いで一堂に公開いたします。

江戸絵画への視線ー岩佐又兵衛から江戸琳派へー

16/7/2 - 16/8/21

諸派の優品の数々をご紹介します。また、50周年にちなみ、横山大観、上村松園ら、当館と縁の深い近代の日本画家の作品も特別に展示します。

Seed 山種美術館 日本画アワード 2016ー未来をになう日本画新世代ー

16/5/31 - 16/6/26

厳正な審査の結果選ばれた受賞作品を含む40点の入選作品を展示、公開します。

奥村土牛ー画業ひとすじ100年のあゆみー

16/3/19 - 16/5/22

当館と縁が深く、近代・現代を代表する日本画家として、人々に愛されている土牛の作品と生涯をご紹介いたします。

ゆかいな若冲・めでたい大観ーHAPPYな日本美術ー

16/1/3 - 16/3/6

村上華岳ー京都画壇の画家たち

15/10/31 - 15/12/23

本展では、華岳が画家として頭角を現した初期の試みから、理想とした「久遠の女性」を描いた《裸婦図》の完成、そして自己と向き合いながら孤高の境地を追求し続けるまでの作品を通して、その画業をたどります。