『国際版画美術館』の展示会情報

横尾忠則 HANGA JUNGLE

4/22 - 6/18

新作を含むほぼ全版画に相当する約230点と、これまでポスターと見なされてきた作品約20点を合わせ、約250点を展示。1960年代から最新作までのHANGAの全貌が明らかになる大回顧展!!

国際版画美術館

Loading...
Loading...

国際版画美術館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『国際版画美術館』の展示会情報

吉例浮世絵大公開! 江戸ノスタルジア

17/3/11 - 17/4/9

本展では「明治時代に描かれた江戸」という視点から、江戸時代について、また時代の変わり目に生きた明治の人びとについて思いを巡らします。

Present for You ― 新収蔵作品展

17/1/5 - 17/2/19

本展では2015年度後半から本年度前半にかけてあらたに収蔵した1,451点の作品のなかから、主な作品約90点をご紹介します。

~まちだゆかりの作家~ 松本旻オリンピック・パラリンピック文化プログラムに向けて

16/9/24 - 16/12/25

写真に撮られた風景から印刷物の基本要素である網点を抽出することで、画面を色点の配置に還元し対象の意味性を無化する《風景から-4(I.J.K.M)》は1975年に第11回リュブリアナ国際版画ビエンナーレ賞でグラン...

デイヴィッド・ホックニー版画展

16/10/1 - 16/11/23

本展は人気美術家ホックニーの原点とも言うべき版画制作に着目し、その魅力と表現の秘密に迫ります。

諷刺画って面白い?

16/7/9 - 16/9/22

8世紀のイギリスで一世を風靡したホガース、スペインの巨匠ゴヤ、そして政治諷刺画の黄金期といわれる19世紀フランスの作品を通して、美術としての諷刺画の楽しみ方を探ります。

小野忠重コレクション展 ―近代日本版画―

16/7/9 - 16/9/22

小野の版画を含む、大正初期から昭和20年代の版画や資料約150点を公開・紹介し、小野忠重コレクションの意義を再考するものです。

森羅万象を刻む―デューラーから柄澤齊へ

16/4/29 - 16/6/19

本展ではビュランの刻線によって生み出された作品とその表現と魅力にせまります。

清親 ―光線画の向こうに

16/3/12 - 16/4/17

清親の没後100年を記念し、町田市立国際版画美術館所蔵の光線画約90点を一堂に展示します。

ベスト・セレクション ―町田市立国際版画美術館の名品

15/10/31 - 15/11/23

「版画の歴史の流れが理解できるコレクション」を目標に続けてきた収集活動の成果をご覧ください

Present for You ― 新収蔵作品展

15/1/6 - 15/2/15

本展では2014年に新たに当館に収蔵された3,291点の作品のなかから、主要な作品86点をご紹介します。