『三鷹市美術ギャラリー』の展示会情報

届かない場所 高松明日香展

8/11 - 10/22

高松の作品の前に立つと、自ずとなにかを問われているような気持ちになります。それは、届かない場所から聞こえてくるかすかな呼び声です。それに応えずとも、ただ耳を澄ますところに、きっと新たな出会いがあり...

三鷹市美術ギャラリー

三鷹市美術ギャラリーのレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『三鷹市美術ギャラリー』の展示会情報

色あせない風景 滝平二郎の世界 展

17/4/22 - 17/7/2

本展では、2009(平成21)年に亡くなった滝平二郎の画業を振り返り、知られざる初期の木版画からきりえへと移行した中期の絵本原画、人気を博した新聞連載の原画まで、その詩情あふれる作品群を紹介します。

根付〜江戸と現代を結ぶ造形〜展

17/1/14 - 17/3/20

本展覧会では、「京都 清宗根付館」が所蔵する江戸から近代にかけての伝統的な根付と現代根付約300点をご紹介します。新しい素材や現代性を盛り込みながら今も息づくその魅力と、江戸と現代とつなぐ造形の妙をご...

芸術写真の時代―塩谷定好展

16/8/20 - 16/10/23

本展は東京の美術館でははじめてとなる写真家塩谷定好の回顧展です。1920年代初期から70年代まで、半世紀にわたる仕事を100点の作品でご紹介します。

津島家寄託 太宰治資料展II〜師、友そして「饗応夫人」〜

16/6/11 - 16/7/3

今回は昨年度未公開の津島家寄託資料を中心に約70点を展示します。

米谷清和展 ~渋谷、新宿、三鷹~

16/1/16 - 16/3/21

この展覧会では、渋谷・新宿・三鷹の風景を中心に展示し、従来の枠を超えた同時代の日本画の魅力を紹介します。

川崎のぼる ~汗と涙と笑いと~ 展

15/8/1 - 15/10/12

戦後マンガ史と共に歩んだ川崎のぼるの約60年にわたる画業をふりかえる。

大江戸の人気者「写楽と豊国〜役者絵と美人画の流れ〜」展

15/1/10 - 15/3/15

寛政6年(1794)に役者絵の分野で競った二人のライバル、東洲斎写楽(生没年不詳)と歌川豊国(1769-1825)の作品を軸に、寛政期から幕末までの浮世絵140点をご紹介します。

竹久夢二生誕130年記念大正ロマンの恋と文(ふみ) -髙相コレクションより-

14/8/30 - 14/10/19

本展覧会によって、生誕130年、没後80年を迎える竹久夢二の多彩な功績に華を添えられれば幸いです。

マリー・ローランサン展 ~女の一生~

14/4/12 - 14/6/22

本展では、初期の自画像から始まり独自の作風が確立してからの優雅な女性像を中心に幅広い作品69点を展示する予定です。

森秀貴・京子コレクションによる現代版画展

13/9/14 - 13/12/23

森秀貴氏と森京子氏ご夫妻が過去3回にわたり三鷹市に寄贈された300点を超える版画作品を前後期に分けてご覧いただきます。