『高岡市美術館』の展示会情報

工芸の躍動 ―東京国立近代美術館工芸館名品展

8/10 - 9/10

日本の近代工芸(明治-現代)の名品を約90点展示して、その美しさ、優れた技、芸術表現の見事さをご覧いただきます。

高岡市美術館

Loading...
Loading...

高岡市美術館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『高岡市美術館』の展示会情報

花森安治の仕事―デザインする手、編集長の眼

17/6/16 - 17/7/30

本展では、戦時中の大政翼賛会での仕事にも着目しつつ、花森が全身全霊をかけて打ち込んだ出版活動を、ひとつの雑誌を超えた「運動」として捉え、多彩な仕事のなかからその思想を探ります。

第23回 高岡市民美術展

17/4/15 - 17/5/4

高岡市で創作活動を行う人たちを対象とした公募展。絵画Ⅰ(日本画)、絵画Ⅱ(洋画)、彫刻、工芸、書、写真の6部門の入選・入賞作品、および招待作品をあわせて展示します。

美の記憶―よみがえる至宝たち―

16/9/16 - 16/10/23

未来へ守り継がれるべき国宝や重要文化財の、現代における複製品の幅広い楽しみ方と意識を紹介し、美術印刷の歴史とともに歩んできたコロタイプ印刷の魅力を再発見します。

生誕100年 村上炳人展 ―造形を詩(うた)う

16/7/15 - 16/8/28

生涯を通じて立体表現の神髄を探究した村上炳人の創作の全貌を紹介します。

コレクション展  高岡の金工・漆芸 入門!

16/5/7 - 16/6/26

地域の「たからもの」である金工、漆芸の名作を展示しますので、郷土の工芸の歴史と技について理解を深め、その美しさにふれてください。

コレクション展〔第63期〕 松永真-グラフィック・デザイナーの肖像-

15/7/25 - 15/10/18

当館所蔵品から松永氏の仕事の原点であるポスター作品を展示し、これまでの仕事をふりかえります。

コレクションのチカラ ―未来に伝えたいアート

15/7/25 - 15/8/30

高岡ゆかりの作家の作品を中心として構成された当館コレクションを「地域のタカラ」、すなわち「未来に残したいもの」と位置づけ、その魅力をあらためて紹介します。

第54回 日本伝統工芸富山展

15/5/22 - 15/6/7

人間国宝をはじめとする全国の工芸作家の賛助出品および支部会員と一般から公募した入選・入賞作品を約200点展示します。

生誕80周年記念 藤子・F・不二雄展

15/3/1 - 15/5/6

子どもから大人まで楽しめる企画展です。

高岡市美術館開館20周年記念 江戸の劇画家 歌川国芳の世界

14/9/9 - 14/10/19

ヒーローの妖怪退治、ダンディ役者や粋な女性たち、あるいは擬人化された猫や狐のパロディなど、幕末期の日本にタイムスリップして、楽しみながら芸術体験を深めていただきます。