『山口県立美術館』の展示会情報

驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ

9/7 - 10/21

本展は4年前に大好評を博した「超絶技巧!明治工芸の粋」展の第2弾です。厳選した明治工芸の逸品に加え、今回は驚愕の現代アートの数々もあわせてご紹介。

山口県立美術館

山口県立美術館のレビュー(レポ・口コミ) 1.03

クリックして1票!124

美術館のHPを閲覧するのは、ほとんどの人が、過去の情報なんてどうでもよくて、今後どういう催しがあるかを調べに来るのでしょう?何やってるの?

匿名さん(Windows 10、Edge、dion.ne.jp)2017年1月13日12:34

まったく 同感です

匿名さん(Windows 7、IE11.0)2018年2月14日09:50

全く同感。
7月13日から始まる特別展示なのに、一体何を考えているのか?
(美術館からの情報ないので調べると、博物館イヴェント情報にあったのですが、「近日中詳細お知らせ」と、載っていた。)

Hさん(Windows 7、IE11.0、bbtec.net)2018年6月30日07:21
この投稿にコメント削除依頼
クリックして1票!5
1

山口県立美術館は、情報発信が遅すぎるし、宣伝が下手すぎる。県外から行こうとすると飛行機やホテルの割引がきく3か月前には詳しい情報(関連イベントなど)がほしいのに全然。面白そうな企画があっても、すでに終わっていることが多すぎます。

さん(Windows 10、Chrome、odn.ad.jp)2018年3月30日20:41この投稿にコメント削除依頼
クリックして1票!48

対談『レイアウトから読み解くジブリの秘密』申し込んだのに連絡がなく参加を断念。連絡をしますと書かれていたので待っていましたが、外れて残念です。行かれた方ご感想を!

ジブリ大好きさん(Android、Safari、ocn.ne.jp)2017年5月13日17:00この投稿にコメント削除依頼
レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『山口県立美術館』の展示会情報

明治150年記念特別展 激動の幕末 長州藩主 毛利 敬親

18/7/13 - 18/8/26

彼の生涯と事績を中心に、長州藩の歩みを、重要文化財30点を含む、200点を超える歴史資料と美術工芸品で紹介します。

浦沢直樹展 山口の巻

18/4/20 - 18/6/17

『YAWARA!』『MONSTER』『20世紀少年』など数々の大ヒット作で知られる漫画界の鬼才・浦沢直樹。 大量の直筆原稿の展示をはじめ、ストーリーの構想メモやネーム、秘蔵のイラスト、少年時代の漫画ノートまで、膨大...

日本・デンマーク外交関係樹立150周年記念デンマーク・デザイン展 ヒュゲのかたち

18/2/24 - 18/4/8

本展覧会では、デンマーク・デザインの名を世に知らしめたミッドセンチュリーの家具をはじめとする20世紀デンマーク・デザインの歩みを体系的にご紹介します。

雪舟発見!展

17/10/31 - 17/12/10

山口会場では、中国・九州地方の西大寺と縁の深い寺院の名宝により、真言律宗の西国への広がりについて紹介します。

ランス美術館展華麗なるフランス絵画

17/7/6 - 17/8/27

本展では、ランス美術館のコレクションから、17~20世紀までのフランス絵画と、レオナール・フジタ(藤田嗣治)の絵画作品など、約70点をご紹介します。華麗なるフランス絵画400年の歴史をご堪能ください。

高畑・宮崎アニメの秘密がわかる。スタジオジブリ・レイアウト展

17/4/20 - 17/6/18

スタジオジブリのアニメーションは、いったいどのように生み出されてきたのか。レイアウトを読み解きながら、その創作の秘密に迫ります。

日伊国交樹立150周年記念世界遺産 ポンペイの壁画展La Pittura Parietale Romana a Pompei

17/1/21 - 17/3/26

このたびの展覧会では、ポンペイ壁画コレクションの双壁であるナポリ国立考古学博物館とポンペイ監督局の貴重な作品の中から、ローマ帝国の繁栄と人々の豊かな生活を伝える壁画50点を厳選し、その魅力を紹介します。

もうひとつの輝き最後の印象派1900-20's Paris

16/11/7 - 16/12/11

詩情豊かな作品の数々をお楽しみください。

〈おんな〉のイメージ-戦後日本写真に見る女性

16/7/12 - 16/10/13

本展では、戦後日本の写真家によってさまざまにイメージ化されてきた女性を、当館のコレクションによって紹介します。

山の日制定記念 遥かなる山ー発見された風景美

16/5/26 - 16/7/3

本展では、近代登山の黎明期から昭和前期にかけて、山岳美がどのうように発見されていったのか振り返るために、山岳風景を描いた洋画・日本画約120点を紹介します。