『根津美術館』の展示会情報

墨と金狩野派の絵画

1/10 - 2/12

「墨と金」という言葉に象徴される、狩野派の絵画の革新的かつ豊穣な美を感じ取っていただける機会といたします。

根津美術館

根津美術館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『根津美術館』の展示会情報

鏨の華―光村コレクションの刀装具―

17/11/3 - 17/12/17

本展覧会では、この根津美術館のコレクションを中心とした約130件の刀装具に刀剣や絵画資料も加え、光村利藻が魅せられた金属美を、紹介いたします。

ほとけを支える―蓮華・霊獣・天部・邪鬼―

17/9/14 - 17/10/22

「金剛界八十一尊曼荼羅」、「善光寺縁起絵」「愛染明王像」(いずれも重要文化財)など、根津美術館コレクションより選りすぐった優品約40件を通して、仏教美術のシンボリズムや豊かな表現をご覧いただきます。

やきもの勉強会 食を彩った大皿と小皿

17/7/13 - 17/9/3

中国や日本のやきものを、大皿と小皿が紡いできた食卓の物語に思いをはせてお楽しみください。

はじめての古美術鑑賞紙の装飾

17/5/25 - 17/7/2

華麗な色や金銀あるいは雲母(うんも)によるさまざまな装飾技法を、当館コレクションの作品を中心にやさしく解説するとともに、絵画に取り込まれた例もご覧いただきます。

特別展燕子花図と夏秋渓流図

17/4/12 - 17/5/14

尾形光琳(1658〜1716)による国宝「燕子花図屏風」と、鈴木其一(1796〜1858)による「夏秋渓流図屏風」という、琳派の二大傑作を同時にご覧いただく展覧会です。

特別展 高麗仏画 香りたつ装飾美

17/3/4 - 17/3/31

「高麗仏画 ― 香りたつ装飾美―」展は、十一~十四世紀の高麗仏画の名品を一堂にご覧いただく、東京で初めて開催する展覧会です。

コレクション展染付誕生400年

17/1/7 - 17/2/19

本展は、平成10年(1998)に山本正之氏が当館へ寄贈された作品を中心に、17世紀から19世紀までの肥前磁器を概観するものです。江戸時代の日本人が生活のなかで大切に伝えてきた美しい器をご堪能いただければ幸い...

開館75周年特別展円山応挙「写生」を超えて

16/11/3 - 16/12/18

本展は、応挙の生涯を代表する作品の数々を、根津美術館の展示空間の中であらためて見つめ直そうとするものです。

コレクション展中国陶磁勉強会

16/9/15 - 16/10/23

日本で「唐物(からもの)」として大切にされた作品を含む中国陶磁の全体像を、重要文化財4件を含む約90件の作品を通して楽しく学んでみましょう。

はじめての古美術鑑賞 絵画の技法と表現

16/7/23 - 16/9/4

この展覧会では絵画の技法やその用語を、とくに墨と金の使用法を中心に、作品を例にとってやさしく解説しています。