『町田市民文学館ことばらんど』の展示会情報

みつはしちかこ展ー恋と、まんがと、青春と-

10/20 - 12/24

漫画作品や、編集を手掛けた雑誌「いつかどこかで」に発表されたイラストレーションや詩画、少女時代からたしなんできた俳句などを紹介します。

町田市民文学館ことばらんど

町田市民文学館ことばらんどのレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『町田市民文学館ことばらんど』の展示会情報

舘野鴻絵本原画展「ぼくの昆虫記-見つめた先にあったもの-」

18/7/14 - 18/9/24

この夏は、虫たちの一生を描くことで“生きることとは何か”を問い続ける舘野さんの作品から、身近にある自然や生き物の素晴らしさを感じてください。

童謡誕生100年 童謡とわらべ唄―北原白秋から藪田義雄へ

18/4/21 - 18/6/17

本展では、北原白秋により確立された童謡が、誕生から100年を迎えることを記念し、白秋の作品世界と童謡に込めた願い、白秋の思いを引き継いでわらべ唄の研究をライフワークとした詩人・藪田義雄の軌跡を辿ります...

「本をめぐる美術、美術になった本-近代日本の装幀美本からブック・アートまで:1905-2004」

18/1/20 - 18/3/18

本展では、主として明治30年代から昭和20年代に至る装幀本の数々に加え、「本」という形態と機能に魅せられた現代美術家たちの作品を紹介します。

没後10年「編集者・谷田昌平と第三の新人たち」展

17/10/14 - 17/12/17

本展では、谷田がライフワークとした堀辰雄研究から、批評家、編集者としてスタートした時期に仲間に加わった「第三の新人」と呼ばれる小説家たちとの関係、彼が出版に携わった多くの作品や作家たちとの交流を通...

ことばらんどでたからさがし!中垣ゆたか展

17/7/15 - 17/9/18

本展では、色鮮やかな原画を展示し、その創作の裏側も紹介します。さらに、“たからさがし”をテーマにした最新刊『タロとチーコのひみつのだいぼうけん』の世界を展示室内に再現。独創的な絵本の世界に、みなさん...

「本の雑誌厄よけ展-オモシロ本を求めて42年」

17/4/22 - 17/6/25

本展では、エンターテインメント系書評誌の先駆けである「本の雑誌」の全貌と、多彩な執筆陣、紹介されたオモシロ本の数々を展観することで”本を読む”ことを考察し、”読書の愉しみ”をお届けします。

野田宇太郎、散歩の愉しみ-「パンの会」から文学散歩まで-展

17/1/21 - 17/3/20

本展は、文学に「散策する愉しみ」を拓いた野田宇太郎の仕事を、彼が散策の途上で「見つめていたもの」を通じて再考する試みです。

八木重吉―さいわいの詩人(うたびと)―展

16/10/22 - 16/12/25

本展では重吉の人生を紐解き、文学や信仰、妻・とみとの出会い、ふるさと相原で過ごした日々が詩人・八木重吉に与えたもの、彼にとっての詩の意味を探り、詩と信仰の合一を願い、かなしみを詩いつづけた末に辿り...

開館10周年記念「妖怪がいた!ーここにも、そこにも、町田にもー」展

16/7/16 - 16/9/19

この夏は妖怪たちがあつまる町田市民文学館で、目を凝らし、耳を澄ませ、妖怪たちの物語を楽しんでみてください。そして、あなたの妖怪の物語をみつけてください。

「この街の現在-ゼロ年代の町田若手作家たち-」展

16/4/16 - 16/6/26

町田に住んだり、学生時代を過ごした若手作家たちをご紹介するとともに、彼らの作品を通して明らかとなる“町田の文学”の現在とその魅力について検証する展覧会を開催致します。