『円山応挙』の展示会情報

展示会の情報が登録されていません。

円山応挙』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『円山応挙』の展示会情報

若冲と近世絵画

21/4/29 - 21/10/24

十八世紀の京、相国寺僧と町絵師達の交流から、多くの絵画作品が生まれました。特に相国寺の梅荘顕常(大典禅師)と伊藤若冲の交流が有名です。若冲、応挙らの名品の数々、そして相国寺、鹿苑寺(金閣)、慈照寺...

江戸の画家たち 第二部 狩野派と浮世絵師

21/8/6 - 21/9/7

。本展では、円山応挙を中心に影響を受けた画家たちと、池大雅や田能村竹田、谷文晁などの文人画家を紹介します。

巨匠と出会う名画展 「円山応挙・横山大観から千住博へ」

21/5/29 - 21/7/25

時代を越えてもなお不滅の輝きを放つ巨匠達の名画の数々

事前予約制による秋季特別展MIHO MUSEUMコレクションの形成:日本絵画を中心に

20/9/1 - 20/12/13

本展覧会では、コレクションの形成過程を、茶道具を中心とした「黎明期」、MIHO MUSEUM開館に向けて大型の美術品が加わった「発展期」、そしてMIHO MUSEUM開館以後、美術館らしい大作が加わった「充実期」に分け...

奇才 ―江戸絵画の冒険者たち―

20/9/12 - 20/11/8

昨今注目を集める伊藤若冲、長澤蘆雪、曾我蕭白、歌川国芳ら、過激で強烈な個性を放つ絵師だけでなく、尾形光琳や円山応挙、葛飾北斎など、全国から35人の奇才絵師を集め、その個性溢れる作品を選りすぐり紹介し...

東京富士美術館所蔵 日本美術の巨匠たち

20/6/1 - 20/7/5

「巨匠」はなにゆえ「巨匠」と呼ばれるのか―。日本の美、その創造を担った美術家たちに焦点をあて、日本文化の核心に迫ります。

第1部 江戸から明治へ:近代への飛躍 江戸の綺羅星( スーパースター ) から明治の京都画壇へ

20/4/18 - 20/6/14

本展では、近代以降の京都画壇の源流となった円山応挙の写生や与謝蕪村の文人画の時代にまで遡り、京都における江戸美術の精華を紹介します。

MIHO MUSEUMコレクションの形成-日本絵画を中心に-

20/3/14 - 20/6/7

本展覧会では、コレクションの形成過程を、茶道具を中心とした「黎明期」、MIHO MUSEUM開館に向けて大型の美術品が加わった「発展期」、そしてMIHO MUSEUM開館以後、美術館らしい大作が加わった「充実期」に分け...

円山応挙から近代京都画壇へ

19/9/3 - 19/9/29

本展では、応挙、呉春から戦前までの系譜を丁寧に追うことで、円山・四条派の全貌に迫るとともに、日本美術史のなかで重要な位置を占める京都画壇の様相の一端を明らかにするものです。

東京都 台東区東京芸術大学美術館1

茶 道 具 で 花 見

19/3/9 - 19/6/9

前期では「春の花」を、後期では「秋の花」を中心に展示いたします。茶道具に意匠化された様々な花が、それぞれに咲き誇っている様子をお楽しみください。