『ミュシャ(Alfons Maria Mucha)』の展示会情報

展示会の情報が登録されていません。

ミュシャ(Alfons Maria Mucha)』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『ミュシャ(Alfons Maria Mucha)』の展示会情報

チェコ・デザイン100年の旅

20/7/31 - 20/9/22

日本と旧チェコスロバキア共和国が外交関係を築いてから100年となる今年2020年、チェコ国立プラハ工芸美術館との共催で、220点以上の作品・資料によって、チェコのデザインを100年にわたって振り返る待望の展覧会...

みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術

20/7/11 - 20/9/6

ポスターなどミュシャの華やかなグラフィック作品はもとより、財団秘蔵の幼少期の作品、最初期のデザインやイラスト、収集していた書籍や工芸品などを通じ、この芸術家が生涯を通じて放った多彩な魅力に迫ります。

静岡県 静岡市静岡県立美術館1

親と子でみる 世界の美術

20/4/18 - 20/6/28

本展は「東京オリンピック2020」の開催に先立って、当館収蔵作品の中から旧東欧を含む世界各国の絵画、版画、彫刻、工芸などの名品・珍品約80点を選りすぐり、選手ならぬアーティストたちの出身国を明記して展示...

日・チェコ交流100周年ミュシャと日本、日本とオルリク めぐるジャポニスム

20/4/11 - 20/5/24

本展ではミュシャとオルリクに加え、背景としてのチェコのジャポニスムを紹介するほか、ウィーン分離派周辺の作家やヴォイチェフ・プライシク、タヴィーク・フランチシェク・シモン、ヴァルター・クレム、カール...

みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術

20/1/25 - 20/4/12

ミュシャ財団監修による本展は、幼少期の貴重な作品、自身の蔵書や工芸品、20代に手掛けたデザインやイラスト、そしてミュシャの名前を一躍有名にしたポスターなどを通じて、彼の原点と作品の魅力に迫ります。

北海道 札幌市札幌芸術の森美術館

ミュシャと日本、日本とオルリク

20/1/4 - 20/2/11

本展では、背景としてのチェコのジャポニスムも加えて紹介するほか、明治・大正期のグラフィック作品などをあわせて展示します。互いに魅せられ、響きあった作家たちの共演をお楽しみください。

みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術

19/10/12 - 20/1/13

本展では、ミュシャが手がけたポスターなどのグラフィック作品はもとより、ミュシャ幼少期の作品、蔵書や工芸品、アトリエで撮影された写真、祖国チェコへの想いを込めた作品などを通して、ミュシャの多様な魅力...

京都府 京都市京都文化博物館

特別展 2020 日・チェコ交流100周年 ミュシャと日本、日本とオルリク

19/11/2 - 19/12/15

ジャポニスム(日本趣味)の影響を受けて展開した同時代のチェコの美術や、ミュシャとオルリクの影響を受けた日本の作家たち、さらにはオルリクと交流のあったウィーンやボヘミア地方の作家たちを採り上げ、グラ...

草の根のアール・ヌーヴォー 明治期の文芸雑誌と図案教育

19/10/28 - 19/11/22

この展覧会では、図案教育と文芸雑誌の挿絵を中心とした資料(複製資料を含む)およそ150点を紹介します。

みんなのミュシャ ミュシャからマンがへ 線の魔術

19/7/13 - 19/9/29

ミュシャ財団監修による本展は、ミュシャ幼少期の貴重な作品、自身の蔵書や工芸品、20代に手掛けたデザインやイラスト、そしてミュシャの名前を一躍有名にしたポスターなどを通じて、ミュシャの原点と作品の魅力...

東京都 渋谷区Bunkamura