『マリー・ローランサン(Marie Laurencin)』の展示会情報

コレクションから見る パリと画家たち

10/12 - 2/16

本展では、フランスゆかりの、あるいは欧州各地や遠く日本からも様々な事情でパリに集まった画家たちの個性溢れる作品とともに、彼らの交友関係や当時のパリの様子なども紹介します。

マリー・ローランサン(Marie Laurencin)』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『マリー・ローランサン(Marie Laurencin)』の展示会情報

横浜美術館開館30周年記念 オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち

19/9/21 - 20/1/13

本展は同館が所蔵する 146点の絵画群のうち 13人の画家による約 70点が、21 年ぶりにまとまって来日する貴重な機会です。コレクションに秘められた物語とともに、世界中の人々に愛され続ける名品の数々をご堪能く...

ストラスブール美術館展

19/9/13 - 19/11/4

本展では、ストラスブール近現代美術館の多彩な作品によって、印象派の画家から20世紀美術の開拓者まで、近現代美術の流れを辿ります。

日仏友好160周年・没後50年 藤田嗣治と陽気な仲間たち

18/10/6 - 18/12/16

本展では、藤田を中心にエコール・ド・パリの画家や日本人画家の作品を4つの章に分けて展示します。

山形美術館の名品と荻須が見たパリ画壇

18/10/27 - 18/12/9

今回の展覧会は、山形美術館のコレクションから、20世紀の巨匠の名品を含む油彩画40点により、荻須が活躍した当時のパリ画壇の様相を紹介します。

松岡コレクション ― 水のうつわ・空のうつわ 涼を招く東洋陶磁・松岡コレクション ― エコール・ド・パリを中心に

18/6/5 - 18/10/13

水と空をキーワードに、涼やかな東洋陶磁をご紹介します。エコール・ド・パリの画家たちを中心に、松岡コレクションより20世紀前半のフランス近代絵画をご紹介します。

東京都 港区松岡美術館
西

西田美術館開館25周年記念マリー・ローランサン展

18/6/1 - 18/6/29

富山県 上市町西田美術館

吉野石膏コレクション 印象派からエコール・ド・パリまで

17/6/6 - 17/6/25

日本人にとっても馴染み深い、ピサロ、モネ、ルノワールら印象派の作品から、20世紀初頭のパリでそれぞれに独創的な作風を展開したマルケ、ヴラマンク、ユトリロ、ローランサン、そして藤田嗣治らの作品約90点を...

愛の軌跡 マリー・ローランサン展

17/4/14 - 17/6/18

本展では、油彩画、デッサン、資料など約100点を展示。"ローランサン・スタイル"の全貌だけでなく、波瀾万丈の人生と作品とを重ね合わせ、一人の芸術家の人間ドラマとしてもご覧いただけます。

愛のなかの女性たち ムンク、ピカソ、山口薫 芸術家が捧げるイメジェリー

16/9/17 - 16/11/18

情感あふれる女性像を展示し、さまざまな国と時代の芸術家たちが生み出した女性をめぐるイメジェリーを紹介します。

マリー・ローランサン展

16/4/23 - 16/6/12

マリー・ローランサン美術館のご好意により、初期から晩年に至る代表作の油彩画、およそ70点を中心に紹介します。

山形県 酒田市酒田市美術館